プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
325位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人と韓国人のGREの点数

留学生もアメリカ人も、アメリカの大学院に入学するためには欠かせないのが、GRE(Graduate Record Examination)という適性試験である。適性試験といっても、生易しいものではない。英語(verbal)、数学(quantitative)、ライティングから成る能力試験で、かなりの準備を必要とする。


数学は、日本人であれば、一通り対策本を勉強すれば、それほど難しくはないと思う。800点が満点だが、700点以上取るのは、数学があまり得意でない人でも十分可能である。


問題は英語で、語彙問題と読解問題から成るが、特に語彙問題は、アメリカ人であっても見たことの無いような単語がずらりと並び、800点満点中、日本人が500点取るのも相当大変である。GREの英語は留学生にとって難しいから、400点程度であっても、TOEFLの点数が高ければ大丈夫だから、と留学アドバイザーが言っているのを聞いたこともある。勉強方法は、GRE用の単語集を買って、とにかく単語を覚えまくって、対策本をやりまくるしかない。少なくとも、私はそのように準備したし、他の日本人、多くのアメリカ人が「学問に王道なし」の精神で試験勉強をしてきたはずである。


ところがアメリカの大学院で3年目が終わった今頃、とんでもないことを耳にしてしまった。中国人のカンニングの方法である。


どうやら中国人や韓国人はGREでカンニングを集団でしており、英語がたいして出来ないのにGREの点数がものすごく高い、というのは、うすうす聞いて知ってはいた。たしか大学院1年目のAssessment(テスティング)に関する授業でも、教授がそのようなことを言っていた。GREの点数がほぼ満点に近いような中国人の学生を入学させてみたら、英語はろくに喋れないわ、課題の論文もひどい出来だわ、どうやってそんなに高い点数をたたき出すのか疑問に思ったことがある、と。アメリカの大学院は中国人と韓国人の点数が高すぎることには注意するように、とETS(GREを運営している会社)から注意を促す通達を受けているのだと、その教授は言っていた。


しかし、実際に彼らがどのようにしてカンニングをしているのか、というのは、ぼんやりした情報しかなかった。日本では試験会場にモノを持ち込むことは不可能で、大変厳しくチェックされるが、その辺りが中国では非常に甘い、というのは聞いたことがある。普通に、カンニングのために携帯電話を持ち込めたり、というような話はあったが、「集団でカンニング」というニュアンスとはちょっと違うような気がしていた。


韓国人や台湾人の友達から聞いたところによると、実際はもっとすさまじいものだった。たとえば、ある会社が受験生を多数雇って、GREの問題を覚えさせるためだけに試験を受けさせる。試験後、即座にGREの問題を紙上に可能な限り再現し、それを会社がウェブサイトに載せる、というパターン。もうすでにこれ自体、違反である。というのは、GREを受けるときに、受験生はみな、試験内容を外部に漏らさないという規則に従う、という旨の署名をさせられるからだ。まあ、中国人にとってはそんなことは関係ないのだと思われる。科挙があった時代からのカンニングの歴史である。いわゆるパクリは中国文化の中によくも悪くも内在化しているのだろう。


この話を聞いたとき、それでもなんとなく腑に落ちなかった。というのは、GREの問題はcomputer adaptiveであるので、問題を正解するか不正解するかによって、次に出てくる問題のレベルが変わり、受ける人によって、あるいは日によって、出くわす問題も違うはずだからである。いくらそのウェブサイトに載せられた問題を覚えたところで、その問題が出るか分からない・・・はず。そう思っていた。


ところが、この私の考えは脆くも打ち砕かれた。


仲の良い友人に最近聞いた話によると、中国には会員制のGRE専門のウェブサイトがあって、そこの会員になると、GREの問題が見られるというのである。GREの問題がウェブサイトに載っている理由は、おそらく上記のように、受験生を使っての再現だと思われるが、先の例と違うのは、このウェブサイトが、月別にGREの問題を載せていて、それを見ると明らかに、GREの問題が毎回同じのが繰り返し出題されていることが分かり、さらに、GREの問題は月ごとに変わるのが分かるというのである。つまり、1月中は繰り返し同じ問題が出題されるが、2月になると、別の種類の問題になり、それがやはり2月の間は繰り返し出題される、という具合である。


アメリカ人でもGREの英語は500点台だったりするのに、中国人が800点(満点)を取ったりすることができるのは、努力の末、単語集をすべてマスターしたからではないのだ。月末に受験を予定すれば、前もって、そのウェブサイトを使って、その月に何が出題されたかを知ることが出来るので、もう答えが分かっているわけである。「時間が余って仕方がなかった」などとほざいている中国人もいるらしいと友達から聞いて、開いた口がふさがらなかった。さらには、800点満点を取ると、ETSによる調査が入るので、うまく、780点とか、満点にならないが高得点になるように調整しながら受験する人もいるのだという。


日本人が何年もかけてこつこつGREの勉強をして、英語で500点、数学で700点を目指している中、中国人は数ヶ月、もしくは数週間の準備で高得点をたたき出しているわけである。彼らにとっては、英語も数学も700点以上取るのが普通のことだという。アメリカの一流の大学院にはどこも中国人が溢れかえっている理由はこれだ。上流校ほどGREを重視するので、まともに勉強してまともに受験している日本人は太刀打ちできない、ということになる。中国人や韓国人とは、GREに関しては、同じ土俵で戦えないのである。GREだけで入学が決まるわけではないが、重視する流れは健在である。もしかしたら、最近アメリカの大学院から日本人が激減している理由の一つには、これがあるかもしれない。私の在籍するプログラムにも、日本人は私しかいないし、OSU全体で見ても、日本人大学院生は極めて少ない。韓国人も高得点が多い理由は、韓国人も同様のウェブサイトを使っているからで、そのウェブサイトは、上記のような中国語のウェブサイトを翻訳したものらしい。日本には、同様のウェブサイトは一切、無い。


GREは2011年8月から新方式になるらしい。ここに新しい方式の概要が記載されていた。→駿台留学センター


今まで大量の問題プールが必要であったcomputer adaptive testの方式から、全員同じ問題を解く方式に変わるようなので、これは中国人・韓国人の不正を防ぐための方式変更なのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

そうですね。日本人の留学生はOSUでも本当に減っていると感じます。一応、日本人生徒会みたいなサークルがあるのですが、私が来た当初の2008年は日本人が10人ぐらい(ほとんどundergrad)いたのに、みんな卒業してしまって、今ではアメリカ人や他のアジア人ばかりになってしまいました。

でも、カリフォルニアのレベルが下のほうの大学には日本人がわんさかいるらしいですよ。
2011-07-07 21:27 | Glowing Face Girl #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

Unknown

でも日本人の留学生が、減っているのは、ちょっと心配です。
確かに、韓国、中国の学生で、おかしいのもいますが、PHdの人は、ほとんど本物と言っていいでしょう。僕の アルバニー大学でも北京、
人民大学、上海交通大学のからの留学生は、みんな勉学熱心です。
2011-07-07 16:34 | 菅井 #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

Unknown

すごいですね。堂々とiPhoneを持ち込んでしまうのですね。教授の態度も気になります。私のいるPh.D.プログラムはM.A.もあるのですが、そこは生徒の質がかなり落ちるみたいです。日本人が一人だけいるのですが、その子によれば、8割ぐらいは中国人で、みんなテスト中に中国語で答えを教えあってるらしいです。授業中もかなりうるさいらしく、その子や、授業をちゃんと聞きたいアメリカ人や台湾人は、前の方に座るそうです。Ph.D.では授業中の私語なんて皆無なので、びっくりしました。

菅井さんの仰る通り、カンニングのGREの点数で入学した中国人・韓国人は、ハーバードでついていくのは大変でしょうね、きっと。
2011-07-03 19:52 | Glowing Face Girl #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

Unknown

中国人のカンニングは、すごいです。
全員が、全員そうなのではないのですが。
僕は アルバニー大学にいて、去年
Macroeconomic Theoryのクラスで、中国人の男の子たちが、集団で後ろのほうに座りIphone片手にがんばっているところを見ました。 教授が、70才くらいの人で、机で新聞を読んでいました。 最近 中国人、韓国人の留学生が、増えているというニュースが、目に付きます。 が、あまり気にしてはいません。 なぜかというと 僕の韓国人の友達に 
「最近は、ハーバード大学の韓国人学生の数が、すごい増えているね。 日本人は、たったのひとりだよ」 って言ってみたらこういう返事が帰ってきました。
「日本は、そんなこと気にしているの?面白いね。 実際、80人、90人韓国の学生が、入っても 大半が、勉強について行けずリタイアするんだよ。」 たぶん Just Being Myselfさんの言ってることにつながると思います。 GREやSATで高い点数を取って、授業についていけない、という人は、いないです。 
2011-07-03 12:23 | 菅井 #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

ブログ拝見しました

はじめまして。人気ブログランキングのウェブサイトから来ました。
私も「元留学カウンセラー」という名前で留学ブログやツイッターをやっています!

その活動の中で、
色んな人が有益な情報を発信しているのに、読者たちは希望するブログにたどり着くことが難しい・・・ということ知り、留学ブログを検索できる「アブログ」というサイトを作りました。

個人で運営しているサイトなので至らない部分があるのですが、たくさんの留学情報を集約できればたくさんの人のためになる!と信じて活動しています。

ぜひ ブログ主 さんにもご登録いただけたらと思いコメントさせていただきました。
留学や海外に興味が持っているたくさんの人に見てほしいブログです!!
読者側も好みの留学内容に合わせて絞り検索できるようになっているので、ランキングサイトよりも興味をもってくれる読者さんと結びつきやすいと思います!


「あなたの留学ブログやツイッターを、もっとたくさんの人に!」

がテーマです!

よろしくお願いいたします。


元留学カウンセラー

アブログ: http://ablogg.jp" target=_blank>http://ablogg.jp
個人ブログ: http://www.kgrgk.com" target=_blank>http://www.kgrgk.com
2011-07-01 06:14 | 元留学カウンセラー #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/87-2910242a

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。