プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
325位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府と日本のマスコミが伝えないこと

相変わらず福島第一原発の状況は収拾がつく気配がない。


アメリカにいても不安が募る毎日であるから、日本にいる人たちはどれだけ不安とストレスの中で暮らしているのだろうと思う。


ヘリによる空中からの放水、地上からの消防隊の「決死の」放水、高濃度の放射能汚染水の流出を防ぐために新聞紙やおがくずまで入れ、それが効かないと何たらポリマーやら水ガラスを入れ、それが効を奏したと思ったら、高濃度の汚染水を入れるイレモノがないからといって、低レベルの放射能汚染水を海にポイ捨て、今度は水素爆発を防ぐために窒素を投入・・・


どうも、すべてが行き当たりばったりの対応にしか思えない。最も大きな失態は、津波のあとに東電や政府が諸外国からの援助の申し出を受け入れず、原発の事故の問題を自分達で解決しようとしたことであるが、その後、新たな問題が起きるたびにその場しのぎの方法で対処をして今に至っている。原子炉そのものの爆発は起こっていないが、一体どれほどの放射性物質が今まで空中に、そして水中に放出されたのか、そして今後はどうなるのか、全体像は報道されない。


インターネットやTVの報道では、水道水から放射性物質が検出されても、牛乳や野菜や魚から検出されても、政府やマスコミは「心配ない」「大丈夫」「直ちに健康に影響はない」と言い続けている。その結果、東京に居る私の友達でも、マスクもつけずに呑気に構え、普通の生活を送っている人もいる。実際に東京で外出をしてこの目で見たわけではないので分からないが、そんな楽観的に捉えている人はたくさんいるのではないだろうか。


チェルノブイリの爆発事故と福島の事故が性質が異なるものであることは分かった上で言いたい。チェルノブイリの事故があったあと、たくさんの子供も大人も癌になったり放射性障害を発症したりしてきている。25年経った今でも、苦しんでいる人々がいる。あとあとになって癌やその他の疾病にかかったりしているのは、それまで蓄積してきた内部被曝のためである。放射性物質は吸い込んだり食べたりすると、体内に長期間残って、放射線を発し続ける。「直ちに健康に影響はない」のは当たり前だ。もしすぐに影響があったとすれば、それは原爆投下後の広島長崎のような状況だろう。日本の政府もマスコミも、日々の一時間あたりの放射線の量についての報道はしているが、本当に驚くほど、内部被曝の問題については報道しない。内部被曝した動物の食物連鎖についても、報道は非常に少ない。


医療目的でのX線や、日常で自然に浴びる放射線の量と比べたりするのは根本的に間違っている。ジャーナリスト広瀬隆氏いわく、政府、マスコミ、御用学者、NHKの解説委員はみな「犯罪」を犯していると言っていい。「直ちに健康に影響はない」から大丈夫なのではなくて、5年後、10年後、外部から、そして体内から浴びる放射線の量が積もり積もって、一体どんな問題が起こるのか、ということを伝えてもらわなければ意味がない。


政府も東電も国民の健康を守ってはくれない。このようなときには、各自が情報収集して、自分で判断をして行動しなければいけない。自分の身を守るのは結局自分だということだ。原発の事故に関しては、素人は何も出来ず、様子を見守っていることしかできないのがもどかしい。原発の事故のあと、外国人がどんどん日本を出て自国に帰っていき、それを過剰反応だと、私を含め多くの日本人は見ていたが、今となっては、彼らの判断が正しかったように思えてくる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/75-b153461f

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。