プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
325位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車のヘッドライト

3月になりました。コロンバスも日に日に寒さがやわらぎ、春の香りが漂うようになりました


さて、1月に切れた車のヘッドライトを直してもらうため、SawmillのHonda Immkeに行ってきました。ここは、毎年のメンテナンスでお世話になっているところで、従業員の対応もいいし、仕事がきっちりしていて間違いがなく信頼できるので、何か問題があるといつも車を連れて行きます。お願いしたこと以外に問題を見つけてもらって助かったこともあります。一度なんか、車を購入して2ヶ月ぐらいの頃、前のオーナーがちゃんとメンテナンスをしていなかったために、ブレーキのタイミングベルトが切れ掛かってたとか、ブレーキパッドが反対についてたとか、凄いこともありました。(→ブログエントリー「expensive lesson」と「90日間保証・・・何のため?」をご覧ください)


私の愛車2004年Accordは、最近の型に比べるとお尻がちょっと大きくてぷっくりしています。結構荷物が入ります。バックから眺めた場合、周りの車より二まわりぐらいケツがでかい気がします。


こんな感じ↓



最近のはもっとスタイリッシュで速そうで、たまにほしいなぁーと思いますが、まあ卒業までは無理だろうな。お金もないけど、日本と違って新車のピカピカの車などは傷をつけられたりしますからね。(あ!でも私の車も、中古だけど、買ってまだ3ヶ月しか経っていない頃、何者かに傷をつけられたことがありました


新しいアコードもいいけどスバルのフォレスターも気になりつつ・・・


気がつくとぼ〜っと車販売のウェブサイトを眺めていることもあります。。。


車って見ているだけでも何で楽しいんだろう。昔乗っていたRAV4はワインレッドで、まだ買ったときに15000キロぐらいしか走行していなくて、まわりのどの車より可愛くて、かなり大事にしていました。名前もつけたりして。同じ型の同じ色の車を同僚の(好ましく思っていない性格の悪い)オバサンに買われたときは、汚(けが)された気がしたものです。北海道にも、長野にも仙台にも大阪にも四国にも連れていきました。数年後、ボストンに修士留学するため手放したけど、悲しかったなぁ。


走行距離といえば、アメリカの表示はマイル(1マイルは1.6キロ)なのですが、中古車で10万マイルに到達している車も余裕で売られています。キロ換算すると16万キロだから、凄いんだけど、10年落ちなら15万マイル(24万キロ)走行している車もザラだし、やはり日本より、一台の車が使われる年数が長いようです。


さて、ヘッドライトが切れているのを発見したのは韓国人の友人でした。その友人の車の後ろを走っていたので、あとで目的地に着いたあと、「左のヘッドライトが切れているよ」と言われ、それで初めて気づいたのでした。もともと私の車のヘッドライトはあまり明るくないとは思っていましたが、切れていても分からないぐらいだったわけです。


その時は1月で、ヘッドライトが切れたまま走っていたら、パトカーに止められたこともあります。candidacy examが終わってからホンダに行こうと思いながら、ずるずると1ヶ月以上もの間、片目走行していました。今思うと夜間、暗い道の走行は結構不便でした。ハイビームが使えればいいのですが、対向車が来るたびに切り替えるのも面倒だったし、またパトカーに止められたら嫌だなあと思いながらの運転もあまり気分的にいいものでもなく・・・。自分の車の後ろでビカビカと青と赤の光が回転しているのを見るのは嫌なもんです。何でアメリカのパトカーはあんなにまぶしいんだろう。


何はともあれ、オイル交換、フィルター交換、ヘッドライト交換、タイヤのローテーション、ブレーキやランプの点検などやってもらい、何も問題がなかったので良かったです。しめて250ドルぐらい取られましたが、まあそんなもんか。メンテナンスの後は気分爽快にドライブして帰りました。ついでに破産申請したという大手書店、Bordersの閉店セールまで立ち寄ってしまいました。イタリア語の本(というと聞こえがいいが、その実はItalian for Dummies...バカでも分かるイタリア語、てなところでしょうか)、そしてCold Play, The Corr, No DoubtのCDをお買い上げ。イタリア語って響きが音楽的で好きだし、イタリア料理とワインが好きだし、今までゲルマン系の言語(ドイツ語、英語)しか勉強していないので、ラテン系の言語もやってみようかな、って。


 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/64-2ea8ab5d

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。