FC2ブログ

プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
2020位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
461位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋学期を終えて

毎日何かしらの課題に追われ、息つく間もないほど忙しかった秋学期も、全Aで幕を閉じた。懸念だった統計学も、何とかギリギリA獲得。やれやれ。もう統計学や数量的研究の科目は取ることはないだろう。

それにしても、毎日、次の日の準備や提出期限が押し迫ったペーパーに何時間も費やさねばならず、美しい秋も十分に堪能する心の余裕もあまりなく、将来を考える余裕などなおさらどこにも無い、そういう生活が人間的だと言えるだろうかと、ふと考えてしまった。

現在はひたすら必要なコースワーク(科目履修)をすすめている段階なので、全ての授業が必ずしも自分の興味に合致しているわけではない。統計学はもちろんだが、それ以外でも、広い意味では興味に合致していても(「応用言語学」「外国語教育学」の一分野である、など)、狭い意味では興味に合致していなかったりする。取っている科目が自分の興味にぴたりと合致していれば、それ自体が自分の博士論文のテーマに結びついていくのだと思うが、現時点ではそうではない。むしろ、それぞれの授業のための大量のリーディングをしながら、果たしてこれは自分の興味を掘り起こしてくれるかどうか、模索している段階である。

博士課程も2年目に入り、そろそろ学会での発表や、ジャーナルへの投稿なども視野に入れなければならないが、何しろその時間がない。ジャーナルへ投稿、といっても、どのジャーナルを選ぶかとか、どのテーマの自分の論文を手直しして投稿するかなど、色々考えなければならないはずだが、この秋学期はまるで時間がなかった。

これではいけないと、来学期はあえて履修科目を秋学期の半分に減らし、将来の研究課題などを考えたり、研究のヒントを得るための読書の時間を積極的に作ることにした。

幸いなことに来学期からはGA (Graduate Associate)として大学に雇用されることが決まったので、諸経費は自腹で支払わねばならないものの、高額な学費(1学期に約85万円)がほぼ免除となるため、財政面での心配が軽減される。

学費は、1単位から10単位までは単位数ごとに増えていくのだが、10単位以上20単位までは金額が変わらない。よって、できるだけ早くコースワークを終えるため、overloadといって、アメリカの大学院生は科目を履修しすぎる傾向にある。つまり、1学期に10単位取ろうが、18単位取ろうが、学費が変わらないので、早く履修してしまったほうが、1学期でも早く卒業できる(=1学期分の学費を節約できる)のである。まさに私もそれを今学期はしていて、合計20単位取っていた。20単位は1学期間に履修できる最大単位数である。

しかし来学期からは学費は大学が持ってくれるので、これからは1学期間に無理矢理科目を詰め込まなくてもよくなる。来学期はもちろんGAとしての週20時間の仕事も始まるが、それでも今学期よりはかなり余裕が出来そうだ。

というのは、現在私が有しているF-1ビザが、週20時間の労働までしか認めていないので、このGA採用に伴って、9月から始めた毎週土曜の高校での勤務を退職せざるを得なくなったのだ。秋学期は、金曜は次の日の授業の予習、そして土曜の勤務後は疲れ果てて全く脳みそも体も使い物にならず、ベッドに倒れこんで昏睡、そして日曜は次の週のための課題に再び追われる、という状況で、何週間も「週末」の無い生活をしていた。来学期からは土曜勤務がなくなるので、少なくとも金曜の午後から日曜までは「週末」になるだろう。

自分の博士論文に繋がるような研究課題に関しては、いまだ混とんとしたままなのだが、どうにか来学期はしばしゆっくりと思考する時間を持って、道が見えてくるとよいのだが。。。


 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

コメントありがとうございます。英米の大学院は日本の大学院に比べて格段に課題が大変ですよね。MAとPh.D.が違うと私が感じたのは、授業で書くペーパーにおいて求められるレベルが違うということでしょうか。読む量もMAの時よりも格段に多い気がします。慣れればどうということはないですが、やはり一番最初の学期は、同じプログラムの友達も皆苦労していました。鬱病っぽくなってしまった韓国人の友達の話を親身になって聞いてあげていたら、カウンセリング役になってしまい、何度か泣かれて辟易したのを思い出します。が、その子も2年目の今ではすっかり元気になって立派に課題をこなしていますから、タカさんもきっと大丈夫ですよ。

修士論文が学会誌に載るといいですね。頑張ってくださいね。
2010-01-03 08:15 | Glowing Face Girl #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

おつかれさま

秋学期、とても大変そうでしたね、お疲れさまでした。私もMAレベルですが、週末のない日々を過ごしたのを思い出します。PhDになるとさらに大変なんだろうなあと想像します。

自分は修士論文を学会の紀要などに投稿しようと計画中です。何しろ現場しか経験なかったのでアカデミックな世界には疎くてこれからがスタートです。PhDの研究ができてうらやましいですが、お互いがんばりましょう。またいろいろ教えてください。それではよいお年を。
2009-12-27 23:34 | タカ #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/47-11287f05

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。