Welcome to my blog

ガリッ。

夜半過ぎに統計学のラボの課題をSPSSを使ってやっていると、突然空腹感に襲われ、台所へ突進。韓国人の友達にもらった韓国海苔をかじってみたが、腹の足しにはならない。ナッツをオレンジの入った蜜で固めたお菓子があるのを思い出し、かじりながら再びSPSSと格闘。ストレスも多大になり、ナッツを噛む歯にも力が入る。ガリッ!

何やら異様な固いものを口の中に感じ、慌てて出してみると、そこには銀歯の詰め物が・・・。

歯の詰め物が取れたことがあるという話は聞いていたが、自分に起こったのは初めてだった。これはかれこれ15年も前に入れてもらった詰め物なので、まあ詰め物の寿命だったのかもしれないが、表面はピカピカの銀色で、内側は黒ずんだグレーに変色していた。これ、妹が前に言っていた「アマルガム」なのかな・・・。銀色の詰め物で、何年もかけて口中に金属が溶けだして、人体に害を与えるとかいう・・・。

舌で穴の空いた歯に触れると、何とも不思議な変な感触だ。妙にとがっている。CVSで、歯医者に行くまでの一時的な詰め物も売っていることはネットで分かったが、そもそも、大学の医療保険(強制的に入らされている)は歯医者もカバーしてくれるんだろうか。

ネットで調べてみると、あったあった、ふむふむ、さすがでっかい州立大は整っている。キャンパスのヘルスセンターの2階は歯医者で、予約が必要だが、当日に診察もしてもらえるようだ。保険でカバーされると書いてある。少し安心。

翌朝早速電話してみると、午後2時の診察の予約をしてもらえた。いつも、医療保険てなんでこんなに高いんだと不満に思いながら支払っているが(年間2000ドル近い。20万円弱ってとこ)、やはりいつ必要になるか分からないものだ。前回は急性膀胱炎でお世話になったが、あれは辛かった。歯なんてもんじゃない。いても立ってもいられない感覚で、何でもいいから抗生物質を今すぐに処方しろーーー!!!って気分で待合室で待っていたものだった。

なんか穴のあいたところがちょっと黒くなってるんだが、虫歯かな。削られるのかな・・・


 


Related Entries

Comments 0

Leave a reply