FC2ブログ

プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
2020位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
461位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの日本帰国(9か月ぶりに美容院にも行った!)を終えて2週間ぶりにコロンバスへ戻ると、いつの間にか夏は終わり、すっかり秋の様相になっていた。
相変わらず湿気は高く暑さを感じたのだが、アパートの窓から見える景色も、秋らしくなって、木々の葉が少し色付き落ち葉が風に舞っている。

コロンバスへ戻ったのに東京のような不快な湿気を感じていたのもつかの間、3〜4日後には急に冷え込み、突然晩秋のような寒さになった。


今日などはユニクロのヒートテック長袖シャツの上にカシミヤセーターでも寒い。つい1週間前には20度ぐらいはあったのに・・・と思いながらネットで気温を見てみると、なんと5度!まだ9月だというのに!おまけに明日の最低気温は2度だって。どうなってるんだろう。

去年の9月を思い返してみると、9月の末は夜でもまだ半そででも十分なほど温暖だった。10月半ばになって肌寒い雨の日もあったと思うが、今年はやけに寒くなるのが早い。コロンバスの冬は長く厳しいのだが、ついこの間冬が終わったと思ったら、もうまた冬!?という感じである。

とはいえ、コロンバスの秋は素晴らしい。空気が澄んで、晴れた日には木の葉が金色に輝きながら風に吹かれて舞い、外に出たくなる。曇りの日でも、町は清々しい香りと何とも言えない寂寥感に包まれ、理由もなく胸がしめつけられるような切ない気持ちになったりする。

新学期も始まり、1年目にも増して忙しい2年目になりそうなのだが、少しばかりの不安とともに、なぜかわくわくした楽しい気分のこの頃である。


 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/35-099d67de

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。