プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1946位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
451位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外からのグリーンカード2年条件削除

アメリカ市民との結婚によって得られる永住権(グリーンカード)は、最初はconditional permanent residenceと言われる、2年間の条件付きです。
つまり、その2年間は同じ結婚を継続していなければならず、グリーンカードの期限の2年が経過する前に、「2年条件削除」の手続きをしなければなりません。

先日、ようやくその手続きがほぼ完了したので、どれぐらいの期間がかかったのか、記しておこうと思います。
同じく、海外からこの手続きをする人たちの参考になればと思います。

しかしまあ、ついこの間グリーンカードを手にしたと思ったけど、2年なんて本当にあっという間ですね。
手続きは期限が切れる90日前から始められます。
私の場合は、3月18日が90日前に当たるので、それが過ぎたらすぐにアメリカに書類を送りました。

私は去年の8月下旬からイギリスにいるので、「グリーンカード保持者は1年以上アメリカを離れてはいけない」という規定もあり、うまくその期限(つまり今年の8月下旬)までに、アメリカでのバイオメトリクス(指紋採取と写真撮影)のアポイントメントができれば一番いいなと思っていました。
そこで一度アメリカに入国しておけば、イギリスでの滞在がもう一年可能になるからです。(契約書によれば、イギリスでの夫の仕事は2年間の予定。グリーンカードの2年条件削除の時期と重なったこともあり、re-entry permitが2年分出ませんでした。前記事参照。)

最悪、バイオメトリクスのアポイントメントが8月下旬までにできない場合、夫をイギリスに置いて、私と娘だけアメリカに行き、そこでバイオメトリクスのアポイントメントの通知が来るのを待ち続ける(=その間のホテル代などがかかる)ということになるので、そうならないように願いながら、ひたすら通知を待つ日々でした。

実際は、バイオメトリクスが7月9日に指定されたので、ほっとしましたが、他のブログを見るとバイトメトリクスの通知が、書類を送って1か月以内に届いたとか、そういうのが多かったので、なかなか来なかった私は、かなり焦って、2~3回USCISに問い合わせをしました。もちろん、「そのうち届くから待て」と言われるだけでしたが。

あと、自分のUSの住所は、夫の実家にするとカリフォルニアでイギリスからは遠すぎるので、バイオメトリクスを慣れ親しんだコロンバスで受けることが出来るようにするために、コロンバスの友人に住所を借りました。
USCISからはそこに書類が届き、その友人が私のイギリスの住所に書類を送ってくれました。

3月20日 2年条件削除の書類をアメリカに送る

送った書類は
1) Form I-751
2) 申請料($505)、加えてバイオメトリクスの料金($85)
3) グリーンカードのコピー(表と裏)
4) 日本のパスポートのコピー
5) 娘のUS出生証明書(原本)
6) 夫と私の両方の名前が書かれたイギリスでのアパート契約書のコピー
7) イギリスの毎月のアパート代を支払ったレシートのコピー
8) joint Federal income tax returnsのコピー(2014年と2013年の分)
9) joint Ohio income tax returnsのコピー(2014年と2013年の分)
10) イギリスに引っ越す前の1年間のアメリカでの電気代請求書のコピー
11) 昨年11月に家族で日本に一時帰国した際の飛行機チケット(3人分,、同じフライト)のコピー
12) 夫の祖母から来た手紙のコピー(夫と私の両方に宛ててある)
13) 夫の母から送られてきたプレゼントの中に入っていたpacking slipsのコピー(夫と私の両方に宛ててある)
14) 自分たちで作った家族写真入りのクリスマスカード(昨年ののクリスマスに家族・友人に送ったもの)
15) 夫と私の両方を知る友人2名からのaffidavits(結婚生活が良好な関係で継続されており今後も長く続くものであると述べた宣誓書)

3月31日 USCISから、書類を受領したという通知が出される。

4月6日 オハイオの住所を借りている友人から、受領の書類が届いたよーとメールをもらう。

書類をスキャンしてメールで送ってくれたのですが、そこには、まず、2年条件付きの永住権を1年延長する、と書いてありました。
これで、次にアメリカに入国する際には、期限切れのグリーンカードと一緒にこの書類を見せれば、グリーンカード保持者として扱ってもらえます。

ここから待てど暮らせどバイトメトリクスの通知が来ず。何度かUSCISに問い合わせをしました。

6月26日 友人からやっとバイオメトリクスの通知が届いたと連絡あり。

日時指定されるのですが、7月9日になっており、あまり日がないため、急きょ飛行機の予約を取るも、高額!
仕方ないけど痛い出費・・・。
夫は仕事があるため、1歳児を置いていくわけにもいかず、娘を連れての渡米。娘には座席代がほとんどかからないにも関わらず、往復で1600ドルを超えました

7月9日2時~ コロンバスのUSCISオフィスで指紋採取・写真撮影。

7月7日~14日までコロンバスに滞在。
ぐずる娘を連れての長距離飛行機は大変でしたが、たくさん友達に会えて大満足の旅になりました。
もちろん、バイオメトリクスも問題なく終了。

7月31日 新しいカードが発行される

まだ届いてはいませんが、じきにカードが友人のところに届くようです。
3月31日以降、ずーっと「書類受領しました」のままになっていたUSCISのオンラインのステータスが、ようやく「新しいカードが発行されます」に変わりました!
  
つまり、取った指紋がOKだったということで、もう一度アメリカに指紋採取のために行かなくて済むのが嬉しい!

実は前回、最初のグリーンカードの申請のとき、私の指紋が薄いから、FBIが認めませんでした、というレターが届き、指紋採取の2回目があったのです。無料だったのですが、その間1か月ぐらいかかっているので、今回もそういうことになったら嫌だなと思っていました。もう飛行機は当分いいや・・・という感じです。

これで、グリーンカード更新は10年後!今度は条件なしの正式なグリーンカードです。ああー無事に終わって本当に良かった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。