Welcome to my blog

ぶどう

あと10日で1歳半になる娘の一番の好物は、もちろんおっぱいなのですが、二番目に好きなのはぶどう!

ぶどうは生後8か月ぐらいから好きでよく食べていましたが、1歳2か月のときに日本に帰国中、「ぶどう」という言葉と実際の食べ物がリンクし、そこからは、何かと

「ぶでゅー!」
「ぶでゅぶでゅぶでゅぶでゅ!」

と連呼、ぶどうを求めるようになりました。

最近はより明瞭に

「ぶどう!」
「ぶどぶどぶどぶどぶどぶど!」

と言えるようになりました。

毎日のように、冷蔵庫に手を伸ばしては「ぶっど!ぶっど!」と叫ぶので、ぶどうを切らさないように、買い物のたびに調達しています。

まだ昼間だけ授乳しているので、やはり卒乳した同年齢の子たちに比べると、さほど食事で食べる量が多くありません。
ぶどうも、5粒~多くて15粒ぐらいしか一度に食べません。
友達に聞いたところによると、娘より2ヶ月先に生まれたお嬢さん(卒乳しています)は、ぶどうなんて一房ぺろり、だそうです。

そんなわけで、娘は食事のほうは少食なんですが、おっぱいの栄養ってばかにならないらしく、体格は同年齢の誰よりも上、って感じで、すでに13キロ。3歳児と同じぐらいです。
アメリカだと健診のたびに身長を測ってくれますが、イギリスは体重のみなので、背がどれぐらい伸びたのか不明ですが、とんでもないところにまで手が届くようになり、明らかに背がかなり高くなった気がします。
半年前ですでに80センチでしたから、85センチはゆうに超えていると思います。

さて、ぶどうと言えば、読むと必ず娘がぶどうを欲しがる本があります。

「日本のどうわ」って本なのですが、昔話がたくさん入っていて、挿絵がすべて手作りの人形の写真で出来ているというものです。
日本に帰ったときに、大学時代の親友がくれたものです。
まだ読み聞かせるには長いので難しいのですが(娘の集中力が続かない)、写真が綺麗なので気に入っていて、娘はよく一人でページをめくっています。

で、「さるかに合戦」のこのページを見ると、必ず「ぶどう!」「ぶっど!ぶっど!ぶっど!」と叫び始め、冷蔵庫に突進。

sarukani 1

「ぶどうじゃないよ、柿だよ」

と毎度教えてあげるのですが、次のページを見て、また「ぶどぶどぶどぶど!」

sarukani 2

明らかにぶどうと色が違うのに、形状でぶどうと認識しているんだなぁ。

そういえば、別の本の中でも、トマトが出てくるたびに「ぶどう!」と叫んでます。ついでにキャベツのときも・・・。

でもミカンやオレンジの絵は決してぶどうと呼ばないので、不思議です。
Related Entries

Comments 0

Leave a reply