プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1946位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
451位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

London Eye

久しぶりに家族でロンドン見物に行ってきました。

1999年から2006年までは世界一の高さの観覧車だったというLondon Eye

london eye

夜はこんなに素敵にライトアップされるのだとか

london eye 2

もちろん赤ちゃん連れの私たちが夜までロンドンにいられるわけはなく、London Eyeだけでなく、ライブハウスもバーもクラブも、ロンドンのナイトライフは一切楽しめない、この悲しさ。

・・・ですが、昼間でもLondon Eyeからの眺望は素晴らしかったです。
ロンドン市内が全方向一望出来、Parliament buildingなど、歴史ある美しい建物とテムズ川の景色を楽しめました。

london eye 3

london eye 4

観覧車っていうと、日本のイメージだと、2人とか、4人乗りとか、小さなもので、夜は中でカップルがいちゃつけるような感じの乗り物ですよね。
London Eyeはそれとは全く異なり、一つのポッドは28人まで乗れる大きなものです。
一応、中に15名ぐらい腰かけられそうな大きな椅子が一つあります。
一周30分もかかるというので、最初は席取り合戦。
ポッドに乗り込むやいなや、みんなまず椅子に腰かけて場所取りです。
ところが、観覧車が動き出して景色が見えてくると、もう全員立ち上がって窓辺へ。

私も、一度立ち上がったら最後までほとんど座ることなく、色んな方角の写真を撮ったり、景色を眺めたりして楽しみました。
1歳4か月の娘も、いつも上に見える鳥が自分の下に見えるのが面白いらしく、鳥を指さしたり、景色を(しばらくは)楽しそうに眺めていました。まあ、10分ほどで飽きて、ポッドの中をウロウロしたり、途中からは退屈して、やや不機嫌そうな声を上げたりしていましたが。

london eye 5

上を見上げるとこんな感じ

london eye 6

朝から雪が降っていたので、こりゃーLondon Eyeに行ってもしょうがないなあと思っていましたが、ロンドンに着く頃には晴れ間が見え、こんな凄みのある写真も撮れました。

london eye 11


上まで来るとこんな感じにすぐ下のポッドに乗っている人たちが見えます。

london eye pod

ロンドンブリッジは見えませんでしたが、他の橋は見えました。

london eye 10

london eye 7

まだロンドンあまり色々見てはいないのですが(Hyde Park, British Museum, Natural History Museumぐらい)、こう全体を見渡せると、ロンドンを見た、って気分になってしまうから不思議です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。