FC2ブログ
Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス英語

イギリスのスーパーで出会ったイギリス英語。

イギリスではナスはaubergine (アメリカではeggplant)

ズッキーニはcourgette (アメリカではzucchini)

さやえんどうはmangetout (アメリカではsnow peas)

レーズンはsultana (アメリカではraisin)

おむつはnappies (アメリカではdiapers)

生理用ナプキンはsanitary towel (アメリカではsanitary napkin)

食器用洗剤はwashing up liquid (アメリカではdish soap)

などなど。最初は呼び名が違うなど思わずに買い物をしているので、この"sultana"が入っているパンって、レーズンパンに見えるんだけど、レーズンではないフルーツなのかな?美味しいのかな?と思って買ってみたりして、食べてみたところやっぱり普通のレーズンパンでがっかりしたり。

その他にも日常で出会う単語は結構違う語彙はありますが(もちろん文法レベルや音韻レベルでもかなり違いはあります)、こちらに来て一番最初にへえ~!と思ったのは赤ちゃん関係の単語でしょうか。

crib(ベビーベッド)はcot

stroller(乳母車)はpushchair、新生児~生後数か月ぐらいの小さな赤ちゃんを寝かせて乗せるものはpram

など。アメリカ英語に慣れ過ぎてしまって、今更イギリス英語なんて覚えられないよ、なんて思っていましたが、生活の中で結構頭の中に入ってくるものなんだあと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。