プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
325位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら2014年

ひゃー。
イギリス生活も始まったことだしブログを定期的に更新・・・と言いながら、まったく更新することもなく、2014年が終わろうとしています。

育児日記も兼ねて、色々書きたいことはあったのですが、何しろ10月~12月の忙しさといったら尋常ではなく、ストレスだらけで毎日死にそうでした。
あれ、博士号も取って卒業して、私って今は一応「専業主婦」なんだけどなあ・・・。
何でこんなに一度にやることが増えるかなあ、というぐらい、論文の手直し2本に、研究関連の執筆が他にいくつかあったり、とにかく時期が重なってしまった上に11月上旬から12月上旬までは娘を連れて日本に帰っていたため、余計に時間との戦いになってしまいました。

本当はもっと娘と遊んであげたいのに、本当はこの本もあの本も読みたいのに、本当はこの映画も見たいのに、と色々なことを棚上げにして、娘が寝静まった夜、それも毎晩夜中の2時や3時までアカデミックなことをやっていて、なんだか心底疲れてしまいました。
今日やっと、最後の論文の手直しが終了して提出し、やっと自由に!

しばらくゆっくりしたい!研究とかアカデミックとか関係ないことを楽しみたい!
という感じです。

2014年は怒涛の一年でした。
1月~4月は博士論文でいっぱいいっぱい、卒業できるかどうかの瀬戸際で、でも何とか成し遂げられて、5月に無事卒業。

5月は夫の友達を訪ねてデトロイトまでドライブ、楽しい数日間を過ごしました。

その後は燃え尽き症候群、何もやりたくなーい!という状態になって、6月に出産に立ち会ってくれた叔母が遊びに来てくれたのをいいことに、3週間ばかり毎日遊びまくり、出かけまくり。
その時は、もう一年コロンバスにいるものと思っていましたが、今から思うと、最後にコロンバスの色々なところを見て回れて良かったです。

7月はアパートからホテルに引っ越し。

8月はホテル暮らし5週間。8月下旬にホテルからストレージルーム(倉庫)に物を運び入れ、シカゴへ出発。シカゴからロンドンへ。

ロンドンのホテルに3日滞在する間に、今私たちがいるハイ・ウィコムのアパートに引っ越し。

もう引っ越しは当分いいよ・・・

2年ぶりの日本滞在、楽しいこともたくさんあったし、大変なこともあったなあ。
娘が尿路感染症になってしまい、熱が出て、一週間入院して抗生剤の点滴投与を受けることになってしまったのです。
日本滞在の後半は友達と会う予定などもすべてキャンセル、夫がせっかく日本に来たのにほとんどどこも連れていってあげられず、私一人、病院に泊まり込み、夫は私の母と言語が通じない中(私がいないので通訳もいない)暮らすはめになり・・・。
ともかく娘が元気になって良かったのですが、なんだかせっかくの日本滞在だったのに半分は楽しめなくて残念でした。まあ、来年また帰る機会があると思うので、その時には今回の分まで存分に楽しもうと思います!

1つ残念なのは、せっかくロンドン郊外に住んでいるのに、10月~12月まで私が論文、論文、論文で大変なことになってしまったため、たったの1回しか家族でロンドンに行けなかったこと。
イギリスもあと数か月の滞在なので、新年明けたら、2週間に1回ぐらいはロンドンに行って観光したいなぁ~。

もう当分、論文はいいよ・・・。
やっぱり研究中心の大学教授とかは向いていないのかも。
教えることのほうがやっぱり好きかもしれない。

2014年は、いいこともたくさんあったけど、かなり心身ともに大変な一年でもあったので、2015年は、本当にいい一年だった!って言えるように日々過ごしたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。