プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
351位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで出産後の入院生活

3200gで生まれ、小さくてかわいい「新生児」だった娘。はや生後4週間が経ち、体重もずっしりと4700gに増え、すっかりたくましい「乳児」になりました。いっちょ前に大人顔負けのおならもげっぷもします。いや、本当におならは、音も匂いも半端なくスゴイです。さらには母乳を飲み終わったあとは、よだれを垂らしながら満腹のオッサンのような「ぐへぇぇ〜」という声も発するようになり、なんだか気づいたら二重あごになってるし。当然赤ちゃん体型でお腹もぷっくり。足も細くてすらっとしてたのに、肉肉しい太ももに。せっかく可愛いハーフで生まれたのに、ふと見せる表情と振る舞い、どでーん、と寝ている様子がオッサンか相撲取りにしか見えなくなってきてます(泣)。。。でも赤ちゃんは痩せてるより太ってるほうがいいし、自分の子は無条件に可愛いんですよね〜。


忘れないうちに、アメリカで出産したあとの短い入院生活について書いておこうと思います。


アメリカでは日本と違って、出産後は普通分娩の場合は2泊、帝王切開の場合は3泊しかさせてもらえません。健康保険がそれ以上下りないからです。この前、請求書が来ていましたが、出産とたった2泊の入院生活でも、16000ドルぐらい(160万円)かかっていました。大学の学生保険でカバーされて、私が自腹で払う分は600ドルぐらい(6万円)のようですが、保険がなかったら、大変なことになります。


出産の日をDay 0, と数え、Day 1は入院、Day 2には退院になります。つまり、私のように夜10時に出産した場合は、その次の次の日には退院になりますが、私の友人のように、その日じゅうに産まれず、次の日の朝に出産した場合は、夜12時を超えた時点でDay 0が持ち越されるため、一日長く入院できることになります。体の回復のためにはいいですが、もちろん、入院費用は跳ね上がることになります。


意識が朦朧とした中で出産し、そのまま1時間ちょっとは分娩室にいました。赤ちゃんを胸に抱いてスキンシップをするカンガルーケアをし、そのあと新生児は体重と身長を測り、体を綺麗にされて、おくるみに包まれます。下半身の麻酔が効いているので、倒れるかもしれないため、車いすで病室に移動。意識が朦朧としていて記憶違いでしたが、出産の記事のところで、赤ちゃんは病室に別々に運ばれてきた、と書いたかもしれませんが、よくよく思い返してみたら、赤ちゃんは車椅子に乗った私が抱いていたようです。


病室も個室で広々としていて、付き添い(夫)が寝られるソファベッド、机と椅子、シャワーとトイレもついていました。日本では相部屋のこともあると聞くので、アメリカはずいぶん恵まれているんですね。


病室に入った時点ですでに11時15分ぐらいだったので、出産に立ち会った夫も叔母も疲れ果てていました。私はやっと飲み食いできることが嬉しくて仕方なく、水をすごい勢いで飲み干して、叔母の作ったおにぎりを5個あっという間に平らげました。叔母は私のアパートに帰り、夫はそのまま同じ病室のソファベッドに寝ましたが、当の私は、出産を終えたことでの興奮状態、さらに赤ちゃんが気になって仕方がなく、なかなか寝つけませんでした。新生児って細くてちっちゃくてか弱くて、おくるみが口のところに来て窒息するんじゃないか、とか、よだれが口の中にあふれて窒息するんじゃないかとか、心配で仕方がありませんでした。


それでも、少しうとうとしたみたいでした。朝4時頃ふと起きると、赤ちゃんが目覚めているのが見えました。抱き上げて、すりすりして話しかけたりして、またベビーベッドに戻そうとすると、おくるみに血が!!!


どうしよう!おへそから出血!?


パニック状態で部屋の電気をつけると、ベッドの上が血の海でした。いや、赤ちゃんのベッドではなく、自分のベッドが!


赤ちゃんのおくるみについていた血は、赤ちゃんではなく、自分の血だったのです。何が起きたのか分からず、どこから出血してるのかと見回すと、左腕に刺されているIV(点滴のために入れる針)から、点滴の管が抜け落ちて、IVからドクドクと血が溢れていました。つまり、点滴の管が抜けると、血が逆流するので、出血し続けるわけです。慌ててナースコールを押し、1分ほど待つとどやどやと4人ぐらいのナースが入ってきて、プロの手際で点滴をつなぎ直し、ベッドと床を綺麗にしてくれました。


出産でもかなりの出血があったのに、IVなんかのせいでまた余計に血がなくなった!そもそも出産中はともかく、出産後の点滴は何のためなんだか全く分かりません。必要なかったのに。


・・・まあそんな大騒動もありましたが、大事に至らなくてよかったです。それより、血がピューピュー出ていたその大騒ぎの最中、ずーっと寝入っていて気付かなかった夫にもびっくりでした。ナースがすべて片づけたあと、起きだして、部屋にナースがいるのに気づき、「なに?どうしたの?」・・・余程疲れていたんだと思いますが。


入院初日の夜も、その次の日も、なんかあまり休めた感がありませんでした。というのは、ひっきりなしに色んな担当の医師やナースが入ってくるからです。アメリカの病院はものすごく細かく仕事が分担されている感じで、6時間に一回、痛みどめと便秘薬を持ってくるナース、数時間に一回の体温・血圧計測、水を持ってくるナース、産婦人科医が子宮の様子をチェックしにくる、小児科の医師が赤ちゃんを診察に来る、担当のナースが入れ替わりのたびに挨拶にやってくる、それ以外に母乳指導の担当の人、食事メニューの説明の係の人、食事を運んでくる人、清掃の係の人、退院手続きの係の人、ソーシャルセキュリティーの係の人、などなど。テレビやビデオが用意されていて、そこで育児についての役に立つ番組が放映されているから、入院中に見てください、などと言われましたが、そんな暇もなく、結局見ず仕舞いでした。でも、短い入院期間でも、退院の日の朝に、1月からずっと担当してくれて出産にも立ち会ってくれた産婦人科医の先生が、(たぶんクリニックへの出勤前に)病院に立ち寄って、様子を見に来てくれたのが有難かったです。


食事はかなりいい、とは噂に聞いていましたが、その通りでした。メニューが色々あって、その中から選択できたり、デザートもついてきたり、飲み物も選べたり。毎回完食でした。ホテルのルームサービスのようでした。


日本の出産後の入院では、母乳がよく出るようにするため、おっぱいマッサージをしてくれる助産婦がいる場合がある、と聞いたことがありますが、アメリカではそういうのは一切ありません。感覚的には、母乳で育てず、人工ミルクで育てる人も多い気がしました。私を担当してくれた産婦人科医も、「どうしても自分が母乳をあげるっていうのがピンとこなくて、ミルクで育てます、っていう人が多いんだよねー。母乳が最高の栄養なのに。」と嘆いていました。アメリカでは、乳首が腫れ上がったときに塗るラノリンのクリームをくれたり、乳首の吸わせ方を教えてくれたりはしますが、それ以外は特に何も教えてもらえませんでした。そのため、初乳(出産後数日間出る、透明から黄色っぽい液体)がいつ母乳に替わるのかとか、よく出るようにする方法とか、何もわからないまま、退院になりました。そういえばおむつの取り替え方も分からなかった気がします。


自分の母乳(初乳)がきちんと出ているのかもわからないまま、とにかく3時間に1回、15分間ぐらいは赤ちゃんに乳首を吸わせていましたが、とにかく便がたくさん出ていたので(1日10回ぐらい)、初乳はちゃんと飲んでくれていたのが分かりました。(母乳は赤ちゃんの便の出を良くするそうです。)


退院の日は朝からバタバタでした。まず、夫は仕事があったため、叔母と二人ですべて手続きをしなければならなかったので、大変でした。11時には追い出される感じで、大量の荷物(もともと持ってきた荷物に加え、ものすごい量のおむつやらお菓子やら大学病院のロゴ入りのローブやら絵本やら「おみやげ」がありました)をまとめて、車へ行き、正面玄関まで車を回して、そこでナースから赤ちゃんを受け取り、帰宅しました。私は出産後2週間は運転を禁止されていましたが、運転の苦手な叔母が、どうしても駐車場から車を出せないというので、駐車場内だけなら、ということで許可してもらいました。その日に限って叔母の体調も悪く、めまいがする状態で、帰り道も、日本と車の通行が逆のアメリカで、運転する叔母が反対車線に入りそうになって冷や冷やしましたが、無事に家に帰りつきました。


日本だったら、退院時はタクシーで帰宅するのでしょうか。アメリカでは法律で、赤ちゃんは必ずベビーシートに乗せなければならないと決まっているので、ベビーシートのついていないタクシーは使えないのです。自分の車にあらかじめベビーシートを設置しておいて、そこに赤ちゃんを乗せることになります。


それにしても、新生児ってホンットーにかわいいですよね。あれだけ痛い思いをして産んでも、また次が産みたくなる女性が多いと聞きますが、なんとなく気持ちが分かるような気がしました。痛い思いは一時的なものだから、忘れてしまうし、痛い思いをしたあとの感動は何にも代えがたいものです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

補足

保険会社はAETNAです。
2014-05-05 15:14 | 管理人 #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

りえさん

コメントありがとうございました。お返事が大変遅くなってすみません。私の保険は、大学の学生保険です。大規模大学の学生保険(強制的に入らされます)は高いだけあって、かなりの部分をカバーしてもらえました。
2014-05-05 14:07 | 管理人 #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

はじめまして!

ブログ拝見させていただきました。現在アメリカでの妊娠五ヶ月の理恵と申します^ ^とても色々と参考になりました。ちょうどアメリカの妊婦さんに対応する保険について知識がないため困り果てていたんです。よかったら知識を分けてもらえないでしょうか、どこの保険でそんなにもカバーしてもらえたのですか?突然のコメント失礼しました(>_
2014-02-18 05:55 | りえ #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

はじめまして!

ブログを拝見させていただきました、今アメリカで妊娠五ヶ月のりえと言います、とても参考になりました^ ^しかし、ちょうど今アメリカの、妊婦さんに対応する保険を、探していたところなのですが少し知識を、分けてもらえないでしょうか?どこの保険でそこまでカバーしてもらえたのですか?はじてめての出産そしてアメリカの保険の知識がなくて困り果てています(>_
2014-02-18 05:51 | Rie #79D/WHSg | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/167-0a3b539b

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。