プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
325位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年春学期のCommencement(卒業式)

OSUに5年もいるのに、今まで一度もまだOhio Stadium(オハイオ州立大はフットボールが強いのですが、キャンパスにある11万人収容のフットボールスタジアムです)に足を踏み入れたことがありませんでしたが、今日、ついに、入場してきました。


青空にうっすら雲がかかるいいお天気ですが、5月に入ったのにまだ肌寒い一日。今日は、夫が博士号を授与される日なので、6時半に起床し、揃って出かけました。卒業生は8時半、その家族などのゲストは7時半に集合。卒業式は12時からなのに、はやすぎないかい?と思いましたが、私たちが着いた頃には、すでにたくさんの人が集まっていました。


12年越しのボストン・レッドソックスファンの私は、野球場は見慣れていますが、フットボールスタジアムは初めてです。


オハイオ州コロンバスは特にフットボール王国で、MLBのチームも無いし、私にとってはちょっと詰まらないのですが、やはりOSUの学生なら一度はフットボールの試合を見てみたいとは思っていました。でも、チケットがものすごく高額なんですよね。この値段なら、レッドソックスの試合が2試合は見られる・・・と思い、まあルールもよくわからないし、フットボールはもういいか、と思うに至り、いまだにスタジアムには足を踏み入れたことがなかったのです。


入ってみると、いくつか売店が並んでいて、あまり種類もありませんが、飲み物や食べ物を売っています。雰囲気的には野球場と同じような感じ。


早起きしたので小腹がすき、まずは腹ごしらえをすることに。といってもチョイスが、ナチョスかホットドッグぐらいしかない!とりあえずホットドッグ(3ドル)とペットボトルの水(2ドル)を買い、野球場の価格よりはなかなか良心的だ、などと思いながら席につきました。お味もまあまあでした。ボストンのフェンウェイ・フランクには負けるけどね。セクションは決められているのですが、席は自由で、私がスタジアムに入ったのはまだ8時だったのに、既に前のほうはすべて埋まっている状態でした。


11万人収容と聞いて、どれだけ大きいんだろうと期待して行ったのですが、ボールパークを見慣れている私にとっては、あまり大きく感じませんでした。やはり、野球場のほうが、オープンスペースが広いし、芝生が広がっていて、開放感があるんですね。フットボールスタジアムは四方が席で囲まれているので、そのぶん狭く感じたのかもしれません。実際には、前方のステージに乗っている人はまったく見分けもつかなければ、形もわからないほどだったので、かなりの大きさであるとは思います。



会場には卒業生の席が用意され、左側(前方)にはステージがあります。


待つこと4時間、12時前になってようやく卒業生入場。後方からは学部生とマスター、前方からはPh.D.学生と学部生が入場してきました。



Ph.D.はステージ最前列で扱いが違います。一人一人、ステージ上で、学長からディプロマを授与されます。その際、スタジアム後方の画面には、壇上の様子とともに、卒業生の名前と分野がキャプションで出されます。もう別格ですね。学部生とマスターは、個別に名前を呼ばれたりはしないし、ディプロマも学長から授与されたりはしません。(卒業式当日にはもらえますが。)


赤いガウンがPh.D.で、学部生とマスターは黒です。もう質感がまったく違う素材で、赤いガウンはやはり立派に見えます。私が着られるのは12月かなぁ〜、それとも来年の5月か・・・。


卒業生全員が席に着くと、このような感じに。



卒業生だけで、1万人超。その中でも、Ph.D.は250名ほどです。


今回の卒業式の式辞はオバマ大統領。過去のOSUの卒業式でスピーチをした大統領は4人(フォード、ブッシュ父、ブッシュ、クリントン)なので、5人目になりますが、現職の大統領としてはフォード、ブッシュに続いて3人目になります。ユーモアも交えながら、30分近く話していたでしょうか。何も見ずに!そして流れるような雄弁なスピーチ。やっぱり彼をしのぐスピーチ力の人は、アメリカ人にもそうそういないと思います。もっとも、そういう、人を引き付けるスピーチ力がないと、大統領にはなれないのでしょうけれども。



オバマ大統領は、ハーバードで法学のドクターは持っていますが、今日、スピーチのあと、OSUの法学の名誉博士号も、OSUの学長から授与されました。


その後、Ph.D.学生が全員、一人一人名前を呼ばれて、壇上で学位を授与されました。夫が授与される様子をしかと見届けたのち、いい加減数時間の待ちで疲れていたので、スタジアムをあとにし、夫と駐車場で待ち合わせ、写真と撮って、夫の好きなメキシカン料理の店に行ってたらふく食べたあと、家で昼寝。よっぽど疲れていたのか、夫ともども、夜の8時頃まで4時間ほど寝込んでしまいました。


結局なんとなく一日、時間が過ぎ去ってしまい、肝心の自分の博士論文の執筆はできませんでしたが、卒業式に参加してみて良かったです。自分の卒業式は春ではなくて秋(12月)かもしれないので、そうすると、スタジアムに入ることなくOSUを卒業することになってしまうし。これで、心おきなく、秋の卒業も目指せます。


Congratulations, Class of 2013!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/148-cef8fde5

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。