プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
325位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロポーザル・ディフェンス

ここしばらく重荷になっていた、博士論文のプロポーザル・ディフェンスがようやく終了し、肩の荷がおりました。


ディフェンス(口頭試問)はアドバイザーとコミティー・メンバーの教授、計4名と行うのですが、だいたい2時間の予定で、もともと渡してあるプロポーザルについて質問を受けたり、教授のほうからアドバイスをもらったりする場です。


どのように行うのか決められているわけではないので、この2週間は何となく気が重く、最初にまずプレゼンを求められてもいいように、その練習をしたり、想定される質問を考えて、それに対して答える練習をしてみたりしていました。


本当は3月と4月にある学会発表のための論文を書き始めないといけなかったのですが、まずディフェンスが終わるまではなかなかそちらにも集中できない感じで、少しずつストレスだけが何となくたまっていった、という感じでした。


が、実際終わってみると、予想していたような質問はなく、予期しなかったところを突っ込まれたりもしましたが、無難に乗り切りました。まずプロポーザルはよく書けているというふうに教授たちからも褒めてもらえたのと、今後の方針についてなかなか良いアドバイスもたくさんもらえたので、やってみて良かったと思います。プロポーザル・ディフェンスは、やってもやらなくてもいいようなのですが(特に自分の国に帰ってデータを収集するような留学生は、ディフェンスをする前に帰国のタイミングになってしまうので、やらずに帰る場合が多いです)、やはり、本番の博士論文のディフェンスの前に、一度全員で集まっておくことは、意味があると思いました。


特に私の場合は、言語教育のプログラムにいるにも関わらず、社会学的なリサーチ・プロジェクトなので、コミティー・メンバーの中には、あまり私の使っている枠組みに明るくない人も含まれているので、そういう教授のために、色々な質問を受けて、クリアにしておくことが必要だったわけです。


日本から12月末に帰ってきてからしばらくは、超朝型人間だったのですが、いつのまにかまた夜型人間になっていました。それを朝型に戻すため、先週から、夜は何時に就寝したとしても、朝は7時までに起きるように頑張ってきたのは、このディフェンスが朝9時からだったためです。朝はまあ、無理やり起きていましたが、一日中頭痛がしていたり、日中眠いのに夜になるとまた目がさえてしまって眠れなかったり、けっこうストレスをどこかで感じていたような気がします。


ここからは、データの分析に取り掛かるのと、論文を書き始めなければならないのですが、とりあえずは、プールに行って泳いでこようと思います。


あ〜無事終わってよかった!


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/126-498d1601

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。