FC2ブログ

プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
2020位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
461位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣はふとしたことから変えられる

私はずーーーっと夜型人間でした。


大学時代は、バンドサークルの合宿でも徹夜でスタジオ練習は平気。修士留学時代も勉強がはかどるのは夜。教員時代も朝まで飲むとかいうことも何度もあったし、休日はだいたい午前中は寝ていました。博士留学でアメリカに来てからも、もちろん超夜型の日々。特に2ヶ月間のcandidacy examの期間中とか、学期末のペーパー地獄などは、論文は深夜12時を過ぎてから集中し、明け方に就寝して昼過ぎに起きる、という生活をしていました。


周囲には夜が弱いという人もいて、夜10時に寝て朝5時に起きるなんていうメキシコ人もいますが、自分には到底それはできないと思いこんでいたし、朝方にする気もありませんでした。


今回、12月に日本に一時帰国をして、変なウイルスに感染したのか、あまり引いたことのない種類の風邪にかかってアメリカに戻りました。(長引きましたがようやく治りました。)妙に疲労が酷く、帰国してから1週間は、夜7時以降は起きていられず、夕食後にすぐ寝て、朝4時に起きる、というような生活をしていました。今思えば時差ボケもあったのかもしれませんが、ちなみに普段は帰国しても時差ボケはほとんどありません。


かれこれ帰国して2週間とちょっとになりますが、何と未だに、遅くとも11時には就寝で、朝6時半には起床という生活を続けています。朝早く起きなければならない理由(学校がある、など)もないのに、早寝早起きを続けているのは、私の人生で初めてのことです。朝暗いうちに起きるというのはなかなか面白い経験です。だんだん朝が明けてきて、窓を開けると、何ともいえないフレッシュな空気が入ってきます。(寒いです。)


そこであらためて認識したのは、言い古されていることではありますが、午前中の時間の使い方で人生が変わる、ということです。午前中に仕事(私の場合は論文執筆)をすると、夜にやる場合の3倍ぐらいはかどる、という人たちがちまたにはいて、以前の私は「そんなん、嘘だろ。夜のほうがはかどるし、朝なんか脳みそが働かない」と思っていたのですが、何と本当でした。


午前中はぐだぐだ過ごすもの、と思っていた私が、朝6時に起きたときには、コーヒーを飲んだりブログを読んだりしたあと、8時には論文に取り掛かったりしているわけです。本来なら、爆睡中の時間帯です。これはものすごい変化です。夜にやる以上に集中できるというのも大きな発見でした。


生活習慣というのはなかなか変えられないものですが、一つ何かが変わると容易に変えられるものでもあるようです。


そういえば、私は以前喫煙者でした。


たばこはロッカー(rocker)にはつきもので、本気で旨いと思っていたし、止める気も全くなかったのですが、いずれアメリカに行くことが分かっていたので、喫煙はしづらくなるなぁとは思っていました。アメリカでは喫煙者の肩身は狭いし、当時の日本に比べると、たばこの値段もべらぼうに高かったのです。それが、アメリカに来る1年前ぐらいのある日、風邪を引いて、喉が痛くなり、1週間ぐらいたばこを吸わずにいました。喉が痛すぎて吸う気にもならないほどだったのだと記憶しています。そうしたら、風邪が治っても、たばこを吸う気が無くなってしまったのです。


それでも、たばこを止めるとか、禁煙だとか、そういうふうには考えていませんでした。ただ単に、吸いたくならないので吸わない、という程度でした。ふと気付くと、もう1ヶ月吸っていないという状況でした。その時になって、たばこ止めちゃおうかな、と初めて思いました。そのまま吸わずに現在に至ります。あの風邪から4年数ヶ月ぐらい経ってしまいました。


小さなきっかけをつかんだら、それをぐっと引き寄せてみる、なんていう努力でもないような気がします。本当に、ただそのきっかけを離さないでおく、だけのことで、生活習慣て変わるものだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://glowingfacegirl.blog.fc2.com/tb.php/118-5c1e03a8

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。