Just Being Myself

Welcome to my blog

Archive 201501 1/2

ルーズヴェルト・ゲーム

No image

このところ育児の合間時間に読んでいた、池井戸潤の「ルーズヴェルト・ゲーム」読了。昨年ドラマ化もされたのでご存じの方も多いかと思います。池井戸潤の数々の、銀行や企業を舞台にした小説のストーリー展開は、他の追随を許さないテンポの良さ、面白さがあります。単なる「経済小説」ではなく、人間を描いた小説が多いからだと思います。サラリーマンの抱える苦悩、しがらみ、会社内の部署同士の覇権争い、また他企業との関係、...

  •  0
  •  -

「除染」は無意味

No image

福島第一原発事故からもうすぐ4年が経とうとしています。チェルノブイリ原発事故のときにも、甲状腺がんの激増が顕著になったのが事故4年後だとされています。もっとも、当時のソ連の政治体制下で、事故後4年以内のデータが表に出てこなかったこともあるし、今ほど医療機器が発達していなかったこともあるので(甲状腺がんがあっても今のように初期では発見できなかった)、事故後4年以内にがんの発生がなかった、ということではあ...

  •  0
  •  -

Children's Centre

イギリスのほうがアメリカよりも社会保障が優れているのは言うまでもありません。高い税金を払った上でのことではありますが、医療費はタダだし(問題点がないわけではありませんが)、地区行政がやっているChildren's Centre(児童センター)もたくさんあります。我が家はロンドンから電車で40分ほど離れた地区にあるのですが、その地区の中にも、そこここにいくつも児童センターがあって、小さな子を持つ親としては、とてもあり...

  •  0
  •  -

Re-entry permit (I-131)がいまだ届かず

No image

今、私はアメリカ永住権(グリーンカード)を保持したまま、海外(イギリス)に一時的に居住しています。グリーンカードというのは、アメリカに移民する、つまり永久的に居住することが前提となって与えられているものなので、これを保持したままずっとアメリカ国外にいることは許されていません。(そうなった場合はグリーンカードを返還しないといけないようです。)基本的には、1年まではアメリカ国外にいても大丈夫なようです...

  •  0
  •  -

London Eye

久しぶりに家族でロンドン見物に行ってきました。1999年から2006年までは世界一の高さの観覧車だったというLondon Eye夜はこんなに素敵にライトアップされるのだとかもちろん赤ちゃん連れの私たちが夜までロンドンにいられるわけはなく、London Eyeだけでなく、ライブハウスもバーもクラブも、ロンドンのナイトライフは一切楽しめない、この悲しさ。・・・ですが、昼間でもLondon Eyeからの眺望は素晴らしかったです。ロンドン市内...

  •  0
  •  -

「永遠の0」

新年明けてから、育児の合間や娘が寝た後の時間は、映画三昧、読書三昧。論文から離れて、人間的な生活を送っております。ずっと見たかったけれどもなかなか入手できなかった映画「永遠の0」を、やっと見ることができました。どんな映画でも、色々手を尽くせばネットで無料または低料金で見られる媒体があるものなのですが、なぜか、これだけはなかったんですよね。さすがにDVDが発売されてしばらくすると、映画自体は手に入る...

  •  0
  •  -

イギリス英語

No image

イギリスのスーパーで出会ったイギリス英語。イギリスではナスはaubergine (アメリカではeggplant)ズッキーニはcourgette (アメリカではzucchini)さやえんどうはmangetout (アメリカではsnow peas)レーズンはsultana (アメリカではraisin)おむつはnappies (アメリカではdiapers)生理用ナプキンはsanitary towel (アメリカではsanitary napkin)食器用洗剤はwashing up liquid (アメリカではdish soap)などなど。最初は呼び...

  •  0
  •  -

子宮頸がん検診

No image

今日はイギリスで初めてのcervical screening(子宮頸がん検診)に行ってきました。イギリスは医療費が無料ではありますが、反面、自分で病院を選べない、病気になったときには待たされることがある、など、短所がないわけではありません。入院を何日も待たされている間に病状が悪化して命を落とす人もいるなどということもあるようです。幼い子供を持つ親としては、日本の医療制度のほうがずっと安心できると言えます。病気になっ...

  •  0
  •  -

イギリスは化粧水という概念がない

アメリカに居る時には、化粧水は日本に居る時から使っていたDHCのマイルドローションを使っていました。DHCの通販がアメリカにもあって、日本ほど品揃えは多くないし日本より多少割高なのですが、まあ払える範囲だったので。イギリスにもDHCはありますが、日本円に換算するとありえないぐらい高くて、まあイギリスの物価高を反映したものなのでしょうが、さすがに化粧水に(しかもDHC)こんなに払えない・・・と思い、手ごろな化粧...

  •  0
  •  -

Amazon Kindle PaperWhite

No image

昨年10月に思い立ってアマゾンのキンドル・ペーパーホワイトを購入し、大変満足して使っています。博士課程にいた6年間は、研究書や研究論文ばかり、一体何十冊、何百本の論文を読んだのだろう、というぐらい読まなければなりませんでした。よって、息抜きの時にはどうしてもテレビドラマとか、映画を見たりすることが多くて、本を読もうという気にならなかったものでした。それに、本を読むのは紙がいい、となぜか思い込んでいて...

  •  0
  •  -