プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
351位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産レポート[その1]

8月18日(日)午後9時57分、オハイオ州コロンバスのオハイオ州立大病院(Wexner Medical Center)にて、無事長女を3200g, 52.7cmで出産しました。人生で、最もドラマティックな一日となりました。


8月16日の出産予定日に産まれなければ、18日に陣痛促進剤を使って出産する、ということになっており、前日から落ち着かない日となりました。同じく陣痛促進剤で出産した友人からは、「とにかく前の日はエネルギーを蓄えておかないとだめ。たくさん、こってりしたカロリーのあるものを食べて」と言われていました。彼女は前日の夜9時と当日朝の3時に重めの食事をして臨んだそうです。ところが、私が聞いた病院の話では、「直前はあまり重いものを食べないで、軽食程度に」ということでした。うーん、今思えば、軽食にとどめず、もっと食べておけばよかったかなぁ、と思います。とにかく陣痛促進剤による分娩は長丁場になるし、途中飲食はできないので、エネルギーが切れてしまって、かなり疲れました。


それでは、時系列を追って、私の出産経験を振り返ってみたいと思います。


 


8月17日(土)


一日リラックスして過ごし、夜はサーモンのステーキを食べる。夜は11時頃ベッドに入るも、あまり眠れず。


------------------


8月18日(日) 午前2時


手伝いに来てくれている叔母が起き出し、病院に持って行くお弁当のためのおにぎりとサンドイッチ、卵焼きを作り始める。出産に行く感じではなく、なんだかピクニックにでも行くような感じだ。私も起床し、シャワーを浴び、身支度をする。


------------------


午前3時


昨晩はしっかり食べたつもりなのに、既にお腹がすいており、グリーンスムージー、おにぎりを5個と卵焼きを食べる。まだ食べられそうな感じだが、その辺でおさえる。トイレに行くと、大量に「おしるし」がある。


------------------


午前4時


まだぐーすか寝ている夫を起こす。


------------------


午前4時半


入院のための荷物を持って、夫と叔母と3人でまだ暗い中、車で病院へ向かう。3人ともやや緊張気味。


------------------


午前5時


病院の6階でチェックインする。陣痛促進剤で産む場合は、もし病室が空いていなかったり、急に産気づいた人がいた場合は、後回しにされて待たされると聞いていた。友達は4時間待ちだったそうで、その間にまたおにぎりを食べられるだろうと思っていたが、甘かった。何も食べる時間もなく、私はすぐに陣痛分娩室に通される。OSUの陣痛分娩室は個室でシャワー、トイレ付き、ソファ、椅子などがあり、かなり広々とした空間。すぐに病院のガウンに着替えてベッドの上へ。


------------------


午前5時15分


ルーティンの質問を色々される。アレルギーの有無の確認など。さらに「何かあった場合のため、遺言はありますか」と聞かれ、度肝を抜かれる。そういう質問をする決まりになっているのだろうけど、産む前から「遺言は」などと言われても・・・。やはり出産は命がけなんだなぁ、などと思いながら、「別にありません」と答える。続いて、「今日はジュエリーを持ってきていますか。カバンの中、身につけているものなど」と聞かれる。「結婚指輪だけです」と答える。盗難に遭った人でもいるのだろうか。それとも、出産で命を落としたときに誰にジュエリーをあげるか、という問題だろうか。


------------------


午前5時半


出産まで何も飲み食いはできない。脱水症状にならないようにするため、腕にIVを入れ、そこから点滴で水分(生理食塩水?)を入れる。なんだか腕がすうーっと冷たくなる感覚がある。腕に針がずっと刺さっているのはどうにも不快だ。でも、いざ陣痛が起こったら、その程度の違和感はどうでもよくなるのだろう。


続いて、陣痛促進剤を合わせて点滴で入れ始める。


------------------


午前6時


なんだかチャラいにーちゃん風のインターン(?)の医者がやってくる。子宮口の開き具合を確認する。4センチ。立ち会っている叔母曰く、「清掃のおにいちゃんかと思ったわ」。超音波で赤ちゃんの頭が下に来ているかを確認。一瞬で確認終了。無事に頭が下になっている。よかった。逆子ではないので、下(経膣)から産める。


------------------


午前7時


若いナースが時間交代になり、ベテランの体格のいいナース(おそらく助産婦)と代わる。こちらのほうが信頼が置けそうな感じなので、ほっとする。ナースは12時間シフトだと言っていた。「また午後7時に来るから」と言い、その場を去る。その時までには産んでいるのだろうか。それとも、まだ産まれていないのでまたこの若いナースのお世話になるのだろうか。


ベテランナースが「氷持ってきましょうか。あなたが飲み食いできるのは氷だけだから」と言うので、持ってきてもらう。点滴で水分を入れているので、意外に喉の渇きは少なかったが、冷たい氷が心地良かった。


叔母、緊張して目が回るのでソファで横になる。夫、寒いので私が持参したユニクロのフリースひざ掛けを肩からかけ、スマホにダウンロードした本を読み始める。ここからひたすら、陣痛促進剤が効いてくるまで待つ時間。


------------------


午前9時


次第に陣痛促進剤が効いてきて、最初は数十分に1回、陣痛がある。痛くはない。よく妊娠後期に寝ているときに、子宮の収縮を感じたが、その感じに似ている。お腹がきゅーっと固くなる感じ。


叔母と夫、おにぎりを食べ始める。「(私は)食べられないのに、目の前で食べてもいい?」と気を遣ってくれる。叔母は横になったり、本を読んだり、部屋の外の待合室に行ったり。夫は本を読み聞かせてくれる。


トイレに行くのも、点滴をつけたままなので一苦労。


------------------


午前11時


夫が本を読み聞かせてくれるが、あまり頭に入らない。


陣痛が10分間隔になったのがわかる。スマホのメモ帳に、陣痛を感じた時間を記録してみる。この時はまだ余裕があり、痛みはそれほどない。モニターには、赤ちゃんの心拍数と私の陣痛が映し出されている。別室のモニターも映っているが、赤ちゃんの心拍数がすごい動きを見せている。私の赤ちゃんのほうは、すやすや眠っているらしく、ほとんど心拍数の変化がない。


時々ナースが入ってきて、「赤ちゃんの心拍数を動かしましょう」と言って、私の姿勢を30分に一回ぐらい、変えるように言う。お腹が重いので、横向きになっているのもなかなかつらい。


産婦人科での毎週のノンストレステストでも、私の赤ちゃんはなかなか動こうとしないときがあったから、よく寝る子なのかもしれない。姿勢を変えても、あまり心拍数は変わらない。


点滴のせいか、トイレに1時間半に1度はいきたくなる。


------------------


午後1時


叔母と夫、ランチを食べる。私はひたすら氷を食べる。氷が解けると、夫が新しい氷を持ってきてくれる。


子宮口は6センチぐらい開き、陣痛は5分間隔ぐらいになる。ナースは「痛みはどう?いつepidural(「無痛分娩」のための、背中から入れる麻酔薬)をしますか」と、入ってくるたびに聞く。「まだぜんぜん耐えられる程度です」と答える。陣痛の痛みってこんなもんなのかー、たいしたことないなー、このぶんならepiduralをしなくても出産できるかも!?と、この時は、甘く考えている。ナースは「破水の後は急に痛みが増すのよ。その前にepiduralをしたほうがいいわ」と言う。


暇なので、スマホで音楽を聴く。


トイレに行く。ナースは数十分に一度、かなり頻繁に部屋に来てこまめに様子をチェックしてくれている。


------------------


午後2時


うつらうつらしながら、1時間〜1時間半ほど寝入る。陣痛は5分間隔のまま、痛みはたいしたことはない。赤ちゃんの心拍数は相変わらず一定していて、やや心配になる。ただ、よく寝る子だ、ってだけならいいんだけれども。


------------------


午後3時


うとうとする。陣痛は3分か4分間隔になる。ナースに「そろそろepiduralをしますか。先生がこれから人工的に破水させるので、その前に」と言われ、「はい。」と答える。ナースが麻酔科の先生に連絡を取る。「epiduralを受ける準備ができました」と言っている。


ナースが「アイスキャンディでも食べますか」と聞いてくるので、「はい!」と答える。おなかがすいておなかが鳴っていた。「オレンジとチェリー、どれがいい?」と言うので、「じゃあ、オレンジで」。


オレンジのアイスキャンディを食べる。普通のアメリカの安いロリポップが、こんなにおいしく感じるとは思わなかった。


------------------


午後4時


陣痛3分間隔。子宮口は7センチぐらい開いている。突然、生暖かいものが中から外に溢れるのを感じる。止められない。あとからあとから流れ出てくるかんじ。「破水した!」とわかる。ナースに伝えると、「先生が破水させる必要なくなったわね。破水後は痛みが増すので、すぐにepiduralをしましょう」と言われ、ベッドに敷いてあるシートを取り替えてくれる。


陣痛が起こる。すごい痛みに、思わずうめく。本当だ!破水後の陣痛って、こんなに痛いんだ!心配そうな夫の手を握り、耐える。3分間隔でやってくるのでたまらない。「いますぐepiduralしてください!」と思わずナースに頼む。


------------------


午後4時半


間もなく麻酔の先生たちがやってきて、epiduralの説明をしてくれる。同意書にサインをする。背中に麻酔針を打ち、薬をつなぐ。その間にも、陣痛が絶え間なくやってきて、痛みにひたすら耐える。片足だけが感覚がなくなる感じがする。ほどなくして、陣痛の痛みがやわらいできたのを感じる。


手元にはボタンがあり、15分に1回、痛みがひどいときにボタンを押せば、さらに薬が入って、痛みを緩和することができるからね、と説明を受ける。「グリーンの光が光ってるときに押せるからね」と言われるが、光がどう見ても黄色なので「黄色いんですけど、グリーンの光もあるんですか」と聞く。


「あ、これグリーンじゃない?何でもいいや、とにかく、光っている間は押してもいい、ってことだから」と先生。


------------------


この時はまだ、本当の陣痛の痛みがどんなものか、知る由もありませんでした・・・。


分娩はすでに12時間に渡っていました。


次回に続きます。


 

スポンサーサイト

40週0日(出産予定日)

とうとう出産予定日になってしまいました。前回のノンストレステストが最後と思ったら、またもう一度やる羽目になるとは思っていませんでした。初産はなかなか生まれないとは聞いていたものの、36週からすでに子宮口が3センチ開いていたし、かれこれ「おしるし」があってから2週間近くになるので、まさかここまで引っ張るとは・・・と言う感じです。


というわけで、1ヶ月間、家事を手伝いに来てくれている叔母と一緒に産婦人科へ行き(出産予定日でも平気で運転)、ノンストレステストを受け、2日後に迫ったinduced labor(陣痛促進剤による出産)の説明をもう一度担当医から聞きました。帰りは、先週行って気に入ったイタリアンレストランでランチを食べ、買い物もして帰ったのですが・・・


どうも酷く疲れていて、ここ最近は控えめだったお昼寝を久しぶりにしました。気持ち良かった〜。


そうこうしている間に午後6時を過ぎたので、叔母は夕飯の支度を始め、私はベッドのシーツやタオルを洗うことにしてランドリールームへ。部屋へ帰ってきて、そういえば喉が渇いたと思い、水を2杯ほど飲んだところで、何やら腹痛を感じ始めました。


ん?お腹痛いなー。下痢の痛みっぽいなー。(ここから先、至って真面目ですがやや汚い話になります。)


そう思ってトイレに行くと、ここ何年も感じたことのないような、下痢の痛みに襲われました。トイレに腰掛けていると、顔から胸元から、しまいには体全体から脂汗とも冷や汗ともつかぬような、大量の汗が流れ出てきました。吐き気までもよおし、トイレに腰掛けながらいかにして嘔吐をするかを考えていました。洗面器が目に入り、そこまでも間に合わないかもしれない・・・などと考えつつ、痛みに耐えつつ、その痛みの原因である「モノ」を出そうとするのですが、出ません。


そこで、はっと気付きました。


そういえば、色んな人のブログで、出産前の陣痛の始まりが、下痢の痛みにそっくりだった、って読んだ!


どうしよう・・・これ、陣痛なのかな。


陣痛の始まりに気付かない人もいるというし、普段から生理痛になったこともない私なので、陣痛を感じるにもややにぶいのかもしれない。


どうしよう・・・下痢の痛みだけど、いまいきんだら、赤ちゃんが出てきちゃうかもしれないし、でもお腹は痛いし・・・。そんなことを考えながら、トイレで苦しむこと20分。


「うんち」を出産しました。


なんだ、下痢じゃないじゃん!やっぱりこれは陣痛?それにしては、痛みの波が来る間隔が1分ぐらいで、そんなに早く陣痛が進むわけないし・・・。


それから10分後、「下痢」も出産しました。しかも大量に!(汚くてスミマセン)


もう、トイレの水を4回ぐらい流さないといけないほどでした。脂汗で顔も体もびっしょり。良かった、陣痛じゃなかった・・・(陣痛なんかいつでも来い!と豪語していたわりには弱っちい私)


ともかく、痛みが本当に下痢だったのは良かったのですが、万が一、陣痛の始まりだったりするといけないので、すぐに病院に行けるよう、シャワーを浴びることにしました。シャワーを浴びている間にも、また下痢の残党による痛みがやってきて、一回中断しなければならなかったのですが、何とかシャワーを終えて、髪の毛も乾かし、着替えも済みました。


せっかくおいしい料理を作ってくれた叔母には申し訳なかったのですが、ご飯はとても今は食べられないと伝えて、夫と叔母と二人で食べてもらいました。通訳(私)がいないながらも、夫のスーパー速いアメリカ英語と、叔母のドイツ語混じりのへんちくりんな英語(叔母はドイツ語はぺらぺらですが英語は初心者)とで、どうにか会話が成り立ったようです。叔母はドイツ暮らしが長いので、外人慣れしており、へんな英語でも、全く臆することなく誰にでもしゃべりかけてしまう姿勢はすごいなあと思います。私だったら、逆の立場だったら、やや人見知りしてしまいます。


さて、下痢出産事件から2時間が過ぎましたが、今のところ平和です。色々ネットで調べていると、出産前に下痢になる人は思った以上に多いようでした。出産に関係するホルモンが、赤ちゃんが産まれやすいように、大腸の中も空っぽにしようと働くのだそうです。ついこの間は珍しく便秘に悩んでいたので、大腸がすっきりしたのはありがたいのですが、これ、もし陣痛とともに下痢がやってきたら、確実に死にます。


とうとう「予定日」にも産まれず、まだお腹の中でぐるんぐるん動いている赤ちゃん。早く出ておいで〜。


 


 

39週0日

あと1週間で予定日です。ということは、今日は最後のノンストレステスト!


赤ちゃんの心拍数も、動いたあとにきちんと上昇しており、まったく問題ありませんでした。すべての数値も順調。妊婦が高血圧になるのはよくあるみたいですが、ルイボスティーのおかげか、ずっと、上は112とかそんな程度で、問題なし。臨月に入って体重増加があまりなくなり、ここ3週間ぐらいはほとんど変わっていません。そんなことは今までの妊婦生活で一度もありませんでした。2週間で1キロ増加、とかそんなペースで・・・。日本の産婦人科だったら怒られるレベルだと思いますが、アメリカのお医者さんも看護婦さんも優しいから、誰も怒りません。母子手帳に「体重増加注意!」なんていうスタンプを押されることもないし。あー、アメリカで良かった。


おしるしもあったことだし、子宮口も3.5センチに少しだけ広がったことだし、あとは陣痛を待つばかり!でもこれがなかなかこないのですよ。


36週で子宮口が3センチ開いていたときには、もう自分はたぶん、38週ぐらいで産んでしまうに違いない、と確信していたのですが、気付くと39週に突入。今じゃあ、本当にあと1週間以内に陣痛来るんだろうか!?って感じです。


今日は、予定日までに陣痛が来なかったら、その2日後の18日に、陣痛促進剤を使って出産しよう、という話は担当医としました。でも、陣痛促進剤を使うと普通より長引く上に苦しくて痛い、っていうし、やっぱり自然に陣痛が来てほしいです。


今日は家族や友人にたくさん頂いた、ベビー服をぜんぶ水通ししました。生地をやわらかくし、赤ちゃんにとって着心地を良くする為、あとはホコリや糊がついているのを取るためでもあります。


入院準備も終わったし、もういつでも来い!って感じです。

38週5日

しばらくご無沙汰しました。博士論文の中のある章の修正加筆を出産までに終わらせてアドバイザーに送ろうとしていたので、毎日取り組んでいました。臨月で眠気や疲れ、集中力の欠如などの症状があり、かたつむりより遅い速度で書いていましたが、今日、なんとか終わりました。


さらに、ようやく大学院から、出産のため秋学期は単位登録をしなくてもよい、休学扱いの許可が下りました。学費が1セメスター分かからないので大助かりです。これも、ずいぶん前にぺティションを提出したのに音沙汰なく、色々な部署に電話やメールをしなければならなくて、面倒でした。とにかくほっとしました。というのは、私の大学では単位登録をしなければ健康保険に入れないのですが、もし大学院から休学が認められれば、単位登録なしで健康保険に入れるのです。ちょうど今の健康保険が8月13日で切れるので、それまでに健康保険の更新をしなければ、大変なことになるところでした。保険なしで出産、なんてことになったら、100万円か200万円ぐらい吹っ飛びます。


さて、予定日までいよいよあと9日!38週5日です。もう2週間前から、子宮口は3センチ開いており、4日前には「おしるし」もありました!あとは陣痛を待つばかり。でもこれが、なかなかやってこないんですよね〜。


最近、お腹も前より固くなる気がします。中で子宮が収縮しているんでしょうか。前は膀胱を押される感覚があったのですが、最近はなく、赤ちゃんの動きも、前より減ってきた気もします。前は胃の辺りからお腹が出ていたのが、少し胃がすっきりしてお腹が下がった気もします。食欲も爆発です。


なんかここまでくると、体重増加ももうどうでもよくなってきて、増えたら増えたで、もういいや〜!って感じ。とにかくすぐお腹がすきます。1日から叔母が日本から来て家事をやってくれて、おいしい料理が次々出てくるので、食べまくり。


とりあえず毎日散歩していますが、陣痛の気配はなし。「焼肉やカレーを食べるといい」とか、「スクワットをするといい」とか、「ぞうきんがけをするといい」とか色々な説がありますが、結局は赤ちゃんがまだ出てきたくないのでしょう。


陣痛は深夜に起きやすいそうですが、できたら朝とか昼とかがいいなぁ〜。深夜に病院に行くのは、付き添いの家族もしんどいので。


それより、「耳管開放症」というのになってしまったようです。数ヶ月前から気になっていたのですが、たまに、耳の鼓膜がぱかーっと開いたような状態になって、自分の声がやたら頭の中で響くような感じになります。痛みはないのですが、周りの音が聞きづらいのと、自分の声が大きく響いて聞こえるので、喋るのが苦痛になります。しばらくすると、自然に治ります。


インターネットで調べていたら、どうやら「耳管開放症」というのがこの症状にそっくりで、耳の中の中耳の圧力を外の圧力と同じにするための「耳管」という器官がうまく働かないのだそうです。鼓膜がぶるぶる動いてしまって、圧力調節ができないわけです。原因はストレスとか体重の急激な減少、そして、妊娠中に起こりやすいのだそうです。根本的な治療法がないようで、漢方薬を飲んだりするぐらいしかできないらしいのですが、妊娠が終われば自然に治癒する場合も多いようなので、少しほっとしました。


まったく、妊娠中には思いも寄らないことが色々起こるもんですね。「尿漏れ」とかね。これも、臨月に入って、膀胱が押されるのが軽減したら治りましたが、一時はくしゃみのたびに尿漏れしてました。おばあちゃんと一緒。でも私の場合は、ちょろ、っと出てしまうだけなので、おりもの用パッドを替えれば良かっただけですが、妊婦の中には、一度出ると止められず、じゃーっと膀胱の中のものがすべて出てしまう、という症状の人も多いそうです。それこそ、破水か尿漏れか区別が難しいレベルだそうです。


泣いても笑っても、妊婦生活は最大でもあと9日ぐらいかぁ。予定日に陣痛促進剤で産むのは嫌だから、もう早く陣痛来てほしいなぁ〜。早く赤ちゃんに会いたいな。


 

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。