プロフィール

まめ

Author:まめ
アメリカ大学院留学。結婚・出産後、Ph.D.取得。イギリス引っ越し、1年後アメリカに戻る。現在、妊婦ワ―キングママです。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


アクセスカウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
351位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人と韓国人のGREの点数

留学生もアメリカ人も、アメリカの大学院に入学するためには欠かせないのが、GRE(Graduate Record Examination)という適性試験である。適性試験といっても、生易しいものではない。英語(verbal)、数学(quantitative)、ライティングから成る能力試験で、かなりの準備を必要とする。


数学は、日本人であれば、一通り対策本を勉強すれば、それほど難しくはないと思う。800点が満点だが、700点以上取るのは、数学があまり得意でない人でも十分可能である。


問題は英語で、語彙問題と読解問題から成るが、特に語彙問題は、アメリカ人であっても見たことの無いような単語がずらりと並び、800点満点中、日本人が500点取るのも相当大変である。GREの英語は留学生にとって難しいから、400点程度であっても、TOEFLの点数が高ければ大丈夫だから、と留学アドバイザーが言っているのを聞いたこともある。勉強方法は、GRE用の単語集を買って、とにかく単語を覚えまくって、対策本をやりまくるしかない。少なくとも、私はそのように準備したし、他の日本人、多くのアメリカ人が「学問に王道なし」の精神で試験勉強をしてきたはずである。


ところがアメリカの大学院で3年目が終わった今頃、とんでもないことを耳にしてしまった。中国人のカンニングの方法である。


どうやら中国人や韓国人はGREでカンニングを集団でしており、英語がたいして出来ないのにGREの点数がものすごく高い、というのは、うすうす聞いて知ってはいた。たしか大学院1年目のAssessment(テスティング)に関する授業でも、教授がそのようなことを言っていた。GREの点数がほぼ満点に近いような中国人の学生を入学させてみたら、英語はろくに喋れないわ、課題の論文もひどい出来だわ、どうやってそんなに高い点数をたたき出すのか疑問に思ったことがある、と。アメリカの大学院は中国人と韓国人の点数が高すぎることには注意するように、とETS(GREを運営している会社)から注意を促す通達を受けているのだと、その教授は言っていた。


しかし、実際に彼らがどのようにしてカンニングをしているのか、というのは、ぼんやりした情報しかなかった。日本では試験会場にモノを持ち込むことは不可能で、大変厳しくチェックされるが、その辺りが中国では非常に甘い、というのは聞いたことがある。普通に、カンニングのために携帯電話を持ち込めたり、というような話はあったが、「集団でカンニング」というニュアンスとはちょっと違うような気がしていた。


韓国人や台湾人の友達から聞いたところによると、実際はもっとすさまじいものだった。たとえば、ある会社が受験生を多数雇って、GREの問題を覚えさせるためだけに試験を受けさせる。試験後、即座にGREの問題を紙上に可能な限り再現し、それを会社がウェブサイトに載せる、というパターン。もうすでにこれ自体、違反である。というのは、GREを受けるときに、受験生はみな、試験内容を外部に漏らさないという規則に従う、という旨の署名をさせられるからだ。まあ、中国人にとってはそんなことは関係ないのだと思われる。科挙があった時代からのカンニングの歴史である。いわゆるパクリは中国文化の中によくも悪くも内在化しているのだろう。


この話を聞いたとき、それでもなんとなく腑に落ちなかった。というのは、GREの問題はcomputer adaptiveであるので、問題を正解するか不正解するかによって、次に出てくる問題のレベルが変わり、受ける人によって、あるいは日によって、出くわす問題も違うはずだからである。いくらそのウェブサイトに載せられた問題を覚えたところで、その問題が出るか分からない・・・はず。そう思っていた。


ところが、この私の考えは脆くも打ち砕かれた。


仲の良い友人に最近聞いた話によると、中国には会員制のGRE専門のウェブサイトがあって、そこの会員になると、GREの問題が見られるというのである。GREの問題がウェブサイトに載っている理由は、おそらく上記のように、受験生を使っての再現だと思われるが、先の例と違うのは、このウェブサイトが、月別にGREの問題を載せていて、それを見ると明らかに、GREの問題が毎回同じのが繰り返し出題されていることが分かり、さらに、GREの問題は月ごとに変わるのが分かるというのである。つまり、1月中は繰り返し同じ問題が出題されるが、2月になると、別の種類の問題になり、それがやはり2月の間は繰り返し出題される、という具合である。


アメリカ人でもGREの英語は500点台だったりするのに、中国人が800点(満点)を取ったりすることができるのは、努力の末、単語集をすべてマスターしたからではないのだ。月末に受験を予定すれば、前もって、そのウェブサイトを使って、その月に何が出題されたかを知ることが出来るので、もう答えが分かっているわけである。「時間が余って仕方がなかった」などとほざいている中国人もいるらしいと友達から聞いて、開いた口がふさがらなかった。さらには、800点満点を取ると、ETSによる調査が入るので、うまく、780点とか、満点にならないが高得点になるように調整しながら受験する人もいるのだという。


日本人が何年もかけてこつこつGREの勉強をして、英語で500点、数学で700点を目指している中、中国人は数ヶ月、もしくは数週間の準備で高得点をたたき出しているわけである。彼らにとっては、英語も数学も700点以上取るのが普通のことだという。アメリカの一流の大学院にはどこも中国人が溢れかえっている理由はこれだ。上流校ほどGREを重視するので、まともに勉強してまともに受験している日本人は太刀打ちできない、ということになる。中国人や韓国人とは、GREに関しては、同じ土俵で戦えないのである。GREだけで入学が決まるわけではないが、重視する流れは健在である。もしかしたら、最近アメリカの大学院から日本人が激減している理由の一つには、これがあるかもしれない。私の在籍するプログラムにも、日本人は私しかいないし、OSU全体で見ても、日本人大学院生は極めて少ない。韓国人も高得点が多い理由は、韓国人も同様のウェブサイトを使っているからで、そのウェブサイトは、上記のような中国語のウェブサイトを翻訳したものらしい。日本には、同様のウェブサイトは一切、無い。


GREは2011年8月から新方式になるらしい。ここに新しい方式の概要が記載されていた。→駿台留学センター


今まで大量の問題プールが必要であったcomputer adaptive testの方式から、全員同じ問題を解く方式に変わるようなので、これは中国人・韓国人の不正を防ぐための方式変更なのかもしれない。

スポンサーサイト

最後の出勤日

連日の送別会、残務処理で疲れもピーク、風邪をひいて声はがらがら、仕事から帰ってきたら泥のようにベッドに倒れこんでいた一週間も、やっと終わりがやってきた。

ともかく卒業パーティや送別会、終業式など、毎日毎日、退職にあたってのスピーチをしなければならず、しかも聴き手がほとんど変わらないため、すべて違う内容のものを準備しないといけない。
ためしに数えてみたら、なんと10回もスピーチをやっていた。

送別会をやってもらうのは有り難いことなのだが、まさかこんなに連日続くものだとは予想もしておらず、退職のための通過儀礼とはいえ、1つ1つやっとの思いでこなしている感じだった。
今日もスピーチがある、と毎日思いながら出勤するのは、気持ちを常に張り詰めた状態で過ごすようなもので、とっても疲れる。

そしてやっとやってきた最後の出勤。
数年間待ち望んできたこの日!
…しかし、数日経った今思い出しても、よく覚えていない、というのが正直なところだ。
最後の出勤ってのは、もっと劇的にやってくるものなんだろう、と勝手に思い描いていたのだが、現実には、いともあっさりその日はやってきて、忙しい日々の中で埋もれた単なる通常の一日のように、どういうふうに家を出て、何分の電車に乗ったのかも覚えていない。どんな気分で校舎に入ったのかも覚えていない。
こんなに長く勤めたところなのに。

とにかく、実感がなかった。
こんなに退職の実感が無いままに辞めていいんだろうかね〜と思いながら、最後のスピーチ、つまり終業式での全校生徒を前にしたスピーチだけは、ちゃんとしたものにしなければ、という気持ちで一生懸命に内容を考える。

受け持ちのクラスは高3だからもうとっくに卒業しており、HRもないし掃除もない。終業式だけに集中すればよいという点は良かった。
頭の中のイメージトレーニングが効いたらしく、スピーチは会心の出来で、何人かの先生からお褒めの言葉ももらい、ホクホク。
あとはひたすら机の上を綺麗にし、物を処分し、最後の残務を終え、最後の挨拶をお世話になった方々にし、事務室に挨拶する。
さあ、あとは帰るばかり。

ところが、これがまた、帰るタイミングってのが難しい。

例年だと、なんだかんだで私物を持ち帰るのが遅い退職者が、春休みも学校に来て荷物整理をしていたりするのだが、私は終業式以降、何があっても学校内には入らない、と心に決めていた。
従って、膨大な量のテキストなども、超計画的に退職の4ヶ月も前から2〜3冊ずつ持ち帰っており、最後の日の昼過ぎくらいにはもう、本当にやることがなくなってしまったのだ。

もちろん帰宅してよいのだが、万が一やり残したことがあったりして、再び春休みに学校に来たりするというようなことがあってはならない、と思い、確認に確認を重ねる。

…ない。

全ての引継ぎは終了しているし、指導要録も終わったし、印鑑を押すような書類ももう無いし、机の中は綺麗だし、挨拶もしたし、掃除もした。

そういえば昨年辞めていった先生は、夕方6時頃、まだ職員室で仕事をしていた私に、わざわざ挨拶しに来てくれたっけ。
まだ2時頃で何となく帰りづらい雰囲気だったが、たまった疲れで気持ちが悪くなってきたので、さっさと帰ることにした。

そして最後校門を出たときも、何も振り返ることはなかった。

最後の卒業式

高3の担任も4度も経験したが、今回は本当に本当に最後の卒業式。

生まれて初めて、結婚式や卒業式などフォーマルな場に出る日の朝に、美容院に髪のセットに行ってみた。

いつもお世話になってる美容師さん。
たぶん同年代で秋田出身の色白で気さくな女性。
6:45分からセット開始で、彼女にしてみればものすごい早朝出勤なのに、とっても気分よくやってくれた。

髪をアップにすると、何だか気持ちまで引きしまるようだ。
フォーマルドレスを着て学校へ。
セレブのような(?)出で立ちで現れたため、生徒たちの反応は予想以上にデカかった。
うん、やってよかったな〜。
なにしろ最後だからね。盛り上げないと。

卒業証書授与の名前読み上げも問題なく無事終了、最後のHRもこなし、生徒からは心のこもった色紙をもらい、都内某ホテルでの卒業パーティへ。
パーティ後は教員でお決まりの打ち上げ。
雨が降る中、タクシーで帰ってきたのが10時過ぎ。
いや〜ほんと、長〜い一日だった。

あけましておめでとう

2008年になった。

昨年は社会的には暗い一年だったかもしれないが、自分にとってはいい一年だった。夢中で走りぬけた一年。たくさんの達成を手にした一年。人生の新しい展開の足がかりを築いた一年。

今年もいい一年になりますように。
家族や友人がみんな健康で幸せで生きられますように。
地球環境がこれ以上破壊されない一年でありますように。
世界の平和に一歩でも近づける一年でありますように。

新しい場所で、新しい人間と関わって、新しい冒険を始めるのは不安だらけだけど、せっかく周囲の人たちの応援で手にできるチャンスに対して、最大限の努力で向かっていける自分でありますように。

サクラサク

それは突然やってきた。

朝の通勤電車の中でふと携帯を見やると、メールが届いていることを示す点滅。開いてみると、yahooメールから携帯に転送されてきたものだった。

10月1日に出願したIndiana University, Bloomingtonからの合格通知。

おかしいなー結果が出るのは3月のはずじゃ…?

こんなにあっさり合格しちゃっていいのかしらと思いつつも、修士課程よりははるかに合格しにくいPh.D.に合格したのだから、もっと喜んでいいのかな。
それにこの大学院はランキングでも上位のほうだから、ここを押さえたということは、かなり嬉しいことだ。

1ヶ月以内に行くかどうかの返事をしなければならないみたいだが、どうしたもんかなー。

大学院10校の出願にかかった費用

しかし忙しい一日だったな〜。
授業が4コマ+放課後講習+卒業アルバム用の写真撮影。

授業中の様子の撮影は、10分ぐらいで終わるのかと思ったら50分フルで撮影が行われ、気が散ること。放課後はクラス集合写真の撮影。
卒業学年の担任になると、アルバム用の写真撮影がしょっちゅうあって、さすがに食傷気味だ。

とはいえ、昨日すべての大学院出願を終えて、すがすがしい気分。
もう、Statement of Purposeを書かなきゃとか、早く書類を揃えて郵便局に行かなきゃとか、常に何かが頭の片隅にあって焦っていなくてもいいんだなぁ。

大学院出願にかかった費用はすべて記録は取っていたのだが、合計いくらだったのか、計算してみた。

GRE/TOEFL受験費用
$460

GRE/TOEFL score report送付費用
$338

essayのカウンセリング・添削(2校分のみ)
92000円

application fee
$635 + 2000円(国際為替作成手数料)

成績証明書発行手数料
$54 + 19950円

書類郵送料
19950円 + $160

銀行の残高証明書発行手数料
5040円

合計→$1647 + 13万90円
円換算で約32万円!

うわー、金かかってるなぁ〜。
これで志望順位の高いところに合格できなかったら泣くに泣けない。
頼むよ〜

全10大学院出願終了+ GRE

2007年11月15日

今日は仕事が休みなので、昨日用意したI大学の郵送用書類を郵便局に持っていく予定だったのだが、えーい、ついでだ!と一念発起して、最後の一校、M大学のも持っていくことに。そうだ、これを終えればすべてアプリケーション終了、結果を待つばかり!

今朝起きてからまずStatement of Purpose作成。
次いでonline applicationの記入とクレジットカードで出願料の払い込みをして、郵送する書類を揃え、めでたく完了。

思えば2000〜2001年のマスター留学中に、次はドクターを取りに行こう!いつか必ず!
と心に誓って帰国してから6年もの月日が経ってしまった。長かったなぁ…。

その留学は企業派遣だったので、その後は5年間は退職が許されない。やめたら留学費用を全学返還しなければならないのだ。かれこれ400万円近くにはなるはず…。

無事辞められる権利を得たのは2006年9月。
しかし2003年から細々と始めたGREの試験勉強が、仕事との両立が困難でなかなか思うようにはかどらず、去年度いっぱいで職場を辞めることは断念した。そりゃ無理だって。仕事でくたくたになって帰ってきてから試験勉強、しかもGREなんて超苦手な数学があるし、語彙問題なんか英検1級レベルをはるかに超えたレベルだし、ネイティブでも「こんなん知らん」って言うぐらいの語彙だし。覚えても覚えても先がなくて、泣きたくなったものだった。

でも、もうGREやめよう、とは1回も思わなかった。

なんでだろう。

いまの職にしがみついていたら、給料それなりにいいし、安定している。留学したら熾烈な戦いが待っているのにね…。
2007年正月からは再び本腰入れてGREの勉強を頑張ることを決意、6ヶ月間頑張った。

2003年〜2007年まで使いこんだGREの問題集は11冊。

Kaplan "GRE exam"
Kaplan "GRE exam Verbal Workbook"
Arco "Master the GRE CAT"
Kaplan "GRE&GMAT exam Writing Workbook"
REA "GRE General Test with Software"
Arco "GRE CAT Answers to the Real Essay Questions"
The Princeton Review "GRE"
アルク「大学院留学GRE完全攻略」
ダイヤモンド社「はじめてのGREテスト対策数学編」
ダイヤモンド社「はじめてのGREテスト対策英語編」
The Princeton Review "Word Smart for the GRE"

以上。

GRE受験は5月に初めて受けて、ライティングは良かったものの、vervalのあまりの酷さに打ちひしがれ、
6月に2回目でいいスコアが取れた。

GREから解放されたときの気分は最高だったなぁ〜
すべての問題集を机の上から片付けて、本棚の奥に仕舞い込んだときの充実感と爽やかさ。
6月途中、TOEFLのペーパーテストが青学であったので、直前一週間だけはTOEFLの勉強も多少したが、TOEFLなんかGREに比べれば屁でもない。一発で650をクリアできた。

そこからは出願準備で、実際に出願する大学院を決め、アメリカでお世話になった教授たちに推薦状依頼、推薦状書類送付、Statement of Purpose執筆、resume作成、…本当に大変だったけど、一校出願するたびに達成感が感じられた。8月に最初のO大学に出願してから今日まで合計10校、いわゆるトップスクールばかりだけど、何とか出し切った。

ではこれから郵便局に行ってきまーす。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。